つまみ持ちに適したゲーミングマウスTop5

つまみ持ちに適したゲーミングマウスTop5

この記事では、つまみ持ちに適したゲーミングマウスについて解説します。

筆者のミオニがこれまでに試してきた膨大な製品の中から厳選した、現状最もおすすめできるつまみ持ち用ゲーミングマウスを紹介しています。この記事の内容は、当サイトで公開しているゲーミングマウスのティアーリストと連動して更新されるので、常に最新の情報が得られます。

人によって手の大きさ・細かな持ち方の違いが生じるので、あらゆるサイズ・形状の選択肢を挙げています。製品ごとの解説もおこなっているので、あなたに合った1台を見つけてみてください。

つまみ持ち向けゲーミングマウスを動画で見る

公開予定

つまみ持ち向けゲーミングマウスの比較一覧表

製品名
価格
評価
5.0 out of 5.0 stars
4.0 out of 5.0 stars
4.0 out of 5.0 stars
4.0 out of 5.0 stars
4.0 out of 5.0 stars
接続 有線 有線 有線 有線 有線
サイズ 中型 小型 小型 小型 中型
寸法 65.81 x 122.14 × 38.26mm 63.0 x 118.0 x 38.0mm 53.5 x 118.3 x 38.3mm 70.0 x 115.0 x 39.0mm 62.0 x 120.0 x 38.0mm
本体重量 70g 59g 61g 66g 75g
センサー PixArt PAW3370 PixArt PMW3389 PixArt PMW3359 ROCCAT Owl-Eye 16K PixArt PMW3360
ボタン数 5 6 6 7 5
ソフトウェア 対応 不要 対応 対応 不要
商品リンク

つまみ持ちにおすすめのゲーミングマウス Top5

Endgame Gear XM1r

価格: 7,980円 (本稿執筆時点)

指先の細かな動きをマウスに伝えやすい

XM1rは全体的に背が低く、サイドの窪みが深めに設計されているため、指先の細かな動きがマウスに伝わりやすいです。これにより、つまみ持ちの強みである指の関節を使った上下左右への細かな移動が行いやすく、スピーディーな操作性を実現します。

また、本体重量70gと扱いやすく、マウス表面のグリップ性能も申し分ないので、指先のみでしっかりとグリップできます。左右メインボタンも不要な力を入れずに押し込むことができ、脱力した状態でのマウス操作が可能です。

ビルドクオリティが非常に高い

頑丈なソリッドシェルを備えていながら、本体重量70gの軽量設計。グリップ時に軋みやカタつきは見られず、ビルドクオリティに優れています。既存の軽量ゲーミングマウスの中で最も安心して使用できる製品の一つです。
カラー Black / White / Dark Reflex / Dark Frost 表面処理 マット / グロス
形状 左右対称 サイズ 約 122.14 × 65.81 × 38.26mm
本体重量 70g ボタン数 5つ
センサー PixArt PAW3370 解像度 19,000DPI
最大加速度 50G 最大速度 400IPS
レポートレート 1000Hz LoD 実測値1.0mm
接続方式 USB2.0有線 ケーブル パラコードケーブル
スイッチ Kailh GM 8.0スイッチ サイドボタン TTCマイクロスイッチ
エンコーダー ALPS(日本製) プロセッサ STM32 Arm® Cortex® MCU
ライティング 非対応 ソフトウェア 対応
メーカー保証 購入日より1年間
DPQPでの評価は 5.0 out of 5.0 stars です
Endgame Gear XM1rのレビューを読む

Xtrfy M42 RGB

価格: 8,437円 (本稿執筆時点)

浅めにグリップできる59gの小型マウス

M42 RGBは全体的に小さく、背が低めに設計されています。両サイドには真ん中よりやや手前側に程よい窪みがあり、浅めにグリップしやすい形状となっています。メインボタンも中央辺りが窪んでおり、マウスパッドと指先との距離が短めに保たれることで、細かな動作が行いやすくなります。

本体重量わずか59gの軽量設計で、余計な力を入れずに指先だけでスムーズに動かすことができます。しかし、サイドまでシェルが肉抜きされているため、指先のグリップ感に影響を及ぼします。気になる場合はグリップテープを貼り付けることをお勧めします。

シェル交換によって形状を調整できる

M42 RGBはトップシェルがマグネット式で着脱可能で、付属のシェルと交換することで形状を調整できます。Zowie FKに近い平べったいものか、Senseiのように本体後部が膨らんだもの。手のひらが接地しないつまみ持ちでは恩恵を得られませんが、操作の安定性を求めてつかみ持ちへ移行した際にどのような形状が好みかを探るキッカケになるでしょう。
形状 左右対称 サイズ 63.0×118.0x38.0mm
本体重量 59g ボタン数 6つ
センサー PixArt PMW3389 ライティング RGB
接続方式 有線 ソフトウェア 不要
DPQPでの評価は 4.0 out of 5.0 stars です
Xtrfy M42 RGBのレビューを読む

Razer Viper Mini

価格: 3,980円 (本稿執筆時点)

つまみ持ちに適した理想的な形状

Viper Miniという製品名ですが、ただViperを小型化したものではなく、縦にギュッと縮めたような形状と表現するのが正しいです。Viperと同じく、両サイドにはZowie FKのような程よい窪みがあり、指先でしっかりとグリップすることが可能です。

最も高い部分が約38mmと低く、全長は約118mmと短めに設計されています。かなり深めに指の関節を曲げても本体後部が手のひらと接触することがなく、可動域をかなり広めに確保できます。

低価格、光学式スイッチを搭載

一般的なマイクロスイッチと比べて入力遅延の少ない光学式スイッチを採用していながら、廉価センサーを採用することで価格を抑え、非常に手の出しやすい製品となっています。発売当初はLoDが長すぎる問題を抱えていましたが、ファームウェアアップデートにより改善され、ソフトウェアのキャリブレーションから適切な長さに調整することが可能になりました。
形状 左右対称 サイズ 53.5×118.3×38.3mm
本体重量 61g ボタン数 6つ
センサー PixArt PMW3359 ライティング RGB
接続方式 有線 ソフトウェア 対応
DPQPでの評価は 4.0 out of 5.0 stars です
Razer Viper Miniのレビューを読む

ROCCAT Kone Pure Ultra

価格: 6,518円 (本稿執筆時点)

完全オリジナルのエルゴノミクス形状

エルゴノミクス形状ながら小さく、指先でグリップしやすいよう設計された形状が、一部のユーザーから非常に高い評価を得ているゲーミングマウスです。

親指の形に沿うようにくり抜かれた左サイド、程よい逆ハの字になった右サイドは、他のマウスをつまみ持ちしたときには感じられないフィット感をもたらします。また、寸法上は幅70mmとなっていますが、実際にグリップしたときの本体幅は狭め。指先でグリップしたときの安定性が高いです。

わずか66gの軽量設計

マウス表面はグリップ感に優れたソリッドシェルで、わずか66gの軽量設計。容易にマウスが持ち上がり、脱力した状態で操作することが可能です。かなり前に発売された製品ということもあり、ケーブルは硬めのビニール製なので、マウスバンジーで適切に浮かせる必要があります。
形状 左右非対称 サイズ 70.0×115.0x39.0mm
本体重量 66g ボタン数 7つ
センサー ROCCAT Owl-Eye 16K ライティング RGB
接続方式 有線 ソフトウェア 対応
DPQPでの評価は 4.0 out of 5.0 stars です
ROCCAT Kone Pure Ultraのレビューを読む

BenQ ZOWIE ZA13-B

価格: 8,800円 (本稿執筆時点)

替えの利かない非常に優れた形状

本体後部が大きく膨らみ背も高く、先端はかなり低めに設計されたメリハリのある形状。ECやFK、SシリーズといったZowieマウスのクローン形状は多く見られますが、このZAに限ってはクローンがなく、オリジナルの形状が高く評価されています。

程よく窪んだ両サイド、狭めに設計された本体幅は、指先でグリップしたときに優れた安定感をもたらします。主につかみ持ちで採用される傾向にありますが、つまみ持ちとの相性も抜群です。

形状 左右対称 サイズ 62.0×120.0x38.0mm
本体重量 75g ボタン数 5つ
センサー PixArt PMW3360 ライティング 非搭載
接続方式 有線 ソフトウェア 不要
DPQPでの評価は 4.0 out of 5.0 stars です
BenQ ZOWIE ZA13-Bのレビューを読む

つまみ持ち向けゲーミングマウスのリスト

ティアーリストでA Tier以上/検証予定のものを掲載
製品名をクリックすると販売ページにジャンプします

つまみ持ち (Fingertip grip) とは

つまみ持ち(Fingertip grip)は ”マウスをつまむ”ようにしてグリップするため、このような名称がついています。グリップする角度や深さ、指先をどのように配置するかなど、人によって細かな持ち方の違いは見られます。

親指・薬指・小指の3本指のみでマウスを固定するので、マウスの本体幅と背の高さ、サイドの形状がグリップ感に影響します。なるべく背が低く、全長が短いものが好ましいでしょう。

マウスを浅く持つことになるので、手首だけでマウスを広く動かすことができるだけでなく、指の関節を曲げることで上下左右への細かな移動も行えるので、より繊細かつスピーディーな操作性をもたらします。しかし、他の持ち方とは異なりマウスと手のひらが触れないので安定性には欠けます。

つまみ持ちのメリット

  • 指の関節を使った、上下左右への細かな操作が行える
  • 手首で大きな動き、指先で細かな動き、のように繊細なAIMを行える

つまみ持ちのデメリット

  • (浅くつまむ場合) 親指がサイドボタンに届きづらい
  • (浅くつまむ場合) メインボタンの固さが気になる場合がある

つまみ持ちに適したマウスの条件は?

つまみ持ちとの相性が良いマウスの条件って? 以下にて詳しく解説していきます。

形状・大きさについて

つまみ持ちはマウスを摘まむようにグリップするので、両サイドが親指・薬指・小指でしっかりと固定できるような形状であることは必須条件です。

指の関節を曲げることでマウスを上下左右に細かく動かすことができるのがつまみ持ちの利点ですが、そのためにはマウスの本体後部と手のひらの間に十分なスペースを空けておく必要があります。この条件を満たすのは、背が低めに設計されたマウスです。

全長が長すぎると、指の関節を曲げてマウスを上下に動かすとき、本体後部が手のひらとぶつかってしまい十分な可動域を得られません。全長が短いものであれば、指の関節を曲げるだけで上下への移動量を多く確保でき、指先のみを使ったマウスの移動範囲が広がります。

これらのことから、指先でしっかりとグリップできる両サイドの形状かつ、なるべく背が低くて全長が短めに設計されたゲーミングマウスを選ぶのが好ましいです。いわゆる小型ゲーミングマウスとの相性が良いです。

本体重量について

つまみ持ちは親指・薬指・小指の3本指のみでグリップするので、指先にある程度の力を加えなくてはなりません。本体重量が重たいものだと、マウスを支えるために発生する余計な力みによるマウス操作のブレが生じやすいため、軽めに設計されたものをお勧めします。

軽量なゲーミングマウスでは、つまみ持ちのメリットである機敏な操作性を活かしやすく、狙った位置に素早くカーソルを合わせる動作も行いやすいです。

また、持ち方を問わず、理論上は本体重量の軽いマウスの方が優れていると言えます。その理由として、滑り出しが速いので対象に素早くカーソルを合わせることができることと、止める際にも慣性が働きづらくカーソルが行き過ぎないことが挙げられます。

ただし、軽ければ軽いほど優れている訳ではなく、あくまで操作しやすいと感じる重量感がベストであるということを忘れずに。自分に合わないと感じるマウスに無理に慣れる必要はありません。

クリック感について

つまみ持ちは他の持ち方に比べて浅めにグリップする傾向にあり、指に力が入りづらいフォームになるので、メインボタンの押し心地が固いものとは相性が悪いです。

マウスによっては、クリックする箇所によって押し心地に違いが出てくるものがあります。例えば、大きなサイズ感のゲーミングマウスは深めのグリップを想定して設計されているので、浅い位置でクリックしたときに明らかに詰まったような押し心地になるなど、調整されていないものが多い印象です。

有線マウス派?無線マウス派?

最近では2.4GHzワイヤレスに対応した無線ゲーミングマウスの選択肢も多くなってきています。

有線ゲーミングマウスは、ケーブルの抵抗感や引きずり感がつきまといます。これは、マウスの移動量が少ないハイセンシ~ミドルセンシの場合だと、マウスバンジーでケーブルを浮かせることで簡単に対策可能です。

しかし、マウスの移動量が多いローセンシの場合は少し厄介です。マウスバンジーに留めるケーブルを長めに余らせておくとマウスパッドとケーブルが接地したり、逆に短めに余らせるとマウスバンジーのアームに引っ張られる感覚が出てきます。

これは本体の背が高くてアームも長めに設計されたマウスバンジー*1を使用することで解決しますが、あまりにセンシが低かったりと環境次第ではケーブル管理がうまくいかないことも。

*1 例として「BenQ ZOWIE CAMADE II」などが挙げられる

そういった場合、2.4GHzワイヤレス対応のゲーミングマウスを選ぶと操作性が劇的に向上します。

最後に

以上、つまみ持ちに適したゲーミングマウスについての解説でした。

当サイトでは、ゲーミングマウスの詳細かつ分かりやすいレビューティアーリストなども発信しているので、より深く知りたい方はそちらもチェックしてみてください。

  • マウス
  • マウスパッド
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ゲーミングヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. 周辺機器・アクセサリ
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
プッシュ通知を受け取る