【レビュアー厳選】マウスバンジーおすすめ5選。FPSなどの操作が激しいゲームに最適な機種をピックアップ

【レビュアー厳選】マウスバンジーおすすめ5選。FPSなどの操作が激しいゲームに最適な機種をピックアップ

有線ゲーミングマウスを使用していると、マウスを操作するたびにケーブルが追従し、煩わしさを感じる方も少なくないと思います。そのケーブルを留めておいて無線同様の操作感をアクセサリーとして、マウスバンジーという製品があります。マウスケーブルの太さによって対応製品が異なったり、そもそもの操作感が違ったりと、どの製品を選ぶかが意外と重要です。

そこで本稿では、運営者のミオニ(@mionigg)が実際に所持している製品の中から、おすすめのマウスバンジーを厳選してご紹介します。特に、有線ゲーミングマウスはメーカーや種類によってケーブルの太さが異なるので、どのマウスで使えるのか分かりやすく解説します。

マウスバンジーとは

マウスバンジーとは、ケーブルマネジメントの役割を果たすアクセサリーです。マウスケーブルを留めておくことで、マウスパッドとケーブルが擦れないうえ、ケーブルの重みによる操作時の抵抗感が軽減されます。

その結果、まるで無線ゲーミングマウスのような快適な操作が実現されるほか、マウスの重量自体がやや軽くなったような感覚を得られます。

有線ゲーミングマウスを使用しているFPSゲーマーならば、絶対に使用するべき必需品だと思っています。

マウスバンジーの選び方

マウスバンジーにはさまざまな製品がありますが、それらから選ぶときに大事なポイントは以下の4つとなります。それぞれについて詳しく解説していきます。

  • マウスの可動域の広さ(アームの柔軟性)
  • 太いマウスケーブルに対応しているか
  • マウスバンジー本体の安定性の高さ
  • その他の機能(USBハブなど)

1. アームの可動域や柔軟性

マウスバンジー自体にマウスの可動域を制限されてしまっては意味が無いので、マウスの操作性を妨げない、柔軟性の高いアームを備えたマウスバンジーを選ぶことが最優先事項です。

アーム部分はスプリング・シリコン製のどちらかを採用したものが大多数を占めます。高所にケーブルを固定しておくことで、マウスの操作性を向上させる役割を果たします。また、そもそもアーム部分が存在せず、クリップなどでケーブルを留めるタイプの製品も存在します。こちらは本体の高さが低めで、設置スペースを確保しなくていいというメリットがあります。どちらを選ぶかは好み次第です。

2. 太いケーブルに対応しているか

有線ゲーミングマウスは、ケーブルの太さが製品によって違います。マウスバンジーの構造上、ケーブルが太いと留め具に引っ掛からなかったり、逆に細すぎると固定することができなかったりします。マウスバンジーは大半のマウスに適合するように作られていますが、対応していない製品が少なからず存在します。

本稿で紹介するおすすめのマウスバンジーは、比較的太めのマウスケーブルにも対応した製品を厳選しています。厳密には、筆者が所持している30種類以上のゲーミングマウスのケーブルとの相性を確認しました。ケーブルが太いゲーミングマウスと言えば、例えばLogicool G903などが挙げられます。

3. 本体の安定性は十分か

マウスケーブルを留めておくマウスバンジー自体が不安定だと本末転倒です。マウスバンジー自体に重みがあり、底面の滑り止めの強さに優れたものを選ぶ必要があります。信頼性の高いゲーミングデバイスメーカーから発売されているマウスバンジーでも、このあたりはレビューや口コミを見てしっかりと判断する必要があります。

例えば、Razer製の初代マウスバンジー「Razer Mouse Bungee」は、激しいマウス操作を行うとデスク上でズレてしまうという欠点がありました。ちなみに、本稿でも紹介している後継モデル「Razer Mouse Bungee V2」では、安定性はしっかりと改善されています。

マグネットや吸盤を採用したタイプもあります。しっかりと固定されるのでオススメです。

4. USBハブ機能の有無

マウスバンジーの一部製品には、ケーブルマネジメントの役割に加え、USBポートを複数備えてUSBハブの機能を果たすものもあります。マウスバンジーはデスク上の手の届くところに設置しておくものですので、そこに空きのUSBポートがあれば、ゲーミングデバイスなどの機器を素早く接続することができて便利です。

ちなみにUSBハブ機能が備わったマウスバンジーは、単機能のものと比べると価格が張ります。USBハブ自体の価格や、別に設置スペースを用意しなくてはいけないことを考えると、マウスバンジーとUSBハブが統合された製品の良さが分かるかと思います。これも好み次第で。

おすすめのマウスバンジー

マウスバンジーの選び方について解説したうえで、以下からはおすすめのマウスバンジー5製品をご紹介します。筆者が所持している製品の中から、マウスの可動域、本体の安定性、対応ケーブルの幅広さの面、以上3つの項目から厳選した5製品となります。限られた製品数とはいえ、さまざまなタイプが存在するので、お好みに合わせてどうぞ。

スプリング式マウスバンジーの定番製品BenQ ZOWIE CAMADE

BenQ ZOWIE CAMADE
タイプ:スプリング式アーム、据え置きサイズ:96 x 73 x 88~125mm本体重量:243g材質:PVC、ラバー、金属など対応ケーブル:筆者の所持製品 30種類以上すべてに対応価格:3,980円 (本稿執筆時点)

「BenQ ZOWIE CAMADE」はシンプルで使いやすい、マウスバンジーの定番製品です。十分な本体重量が確保されており、安定性が高く、デスク上でズレる心配はありません。スプリングは全方向にたわみ、マウス操作を妨げることはありません。ケーブル取り付け部は伸縮式となっており、好きな高さにケーブルを留めておくことができます。

対応するケーブルの太さですが、所持しているゲーミングマウスすべてで利用可能でした。ケーブル取り付け部のゴムはそこまで柔らかくないので、太めのマウスケーブルだと取り付けにやや苦労します。しかし一度取り付けてしまえば、マウス操作時に全く動かないほどしっかりと固定されるので安心です。

マウスバンジーとしての役割をしっかりと果たしながら、本体に開いた三角形の穴を活用することで、デスク上のさまざまなケーブルを整理することが可能です。

従来モデルが大きく改善されて新登場Razer Mouse Bungee V2

Razer Mouse Bungee V2
タイプ:スプリング式アーム、据え置きサイズ:114x76mm本体重量:222g材質:-対応ケーブル:筆者の所持製品 30種類以上すべてに対応価格:2,773円 (本稿執筆時点)

単機能のマウスバンジー「Razer Mouse Bungee V2」は、前モデルであるRazer Mouse Bungeeで問題とされていた安定性が大きく改善され、非常に優れた製品として評価されています。こちらも安定性が高いうえ、スプリング部分が長く設計されており、マウスの可動域が非常に広いことが特徴です。

対応するケーブルの太さは、こちらも所持しているゲーミングマウスすべてに問題無く取り付けられました。3.2mmまで対応と表記されていますが、ケーブル取り付け部のゴムは若干柔らかいので、それ以上のケーブルでも取り付けられます。マウスケーブルを通しておくための本体背部の機構もよくできており、デスク上でマウスケーブルをすっきりと収めることができます。

スプリング式のマウスバンジーの中では比較的リーズナブルなのも好印象です。非常に細かい点で言えば、Razer Mouse Bungee V2ではスプリングが横にたわんだときに若干の抵抗を感じるので、個人的にはスプリング系マウスバンジーの中ではCAMADEの方が好みです。

USBハブやLEDを備えた多機能なマウスバンジーXtrfy B1

Xtrfy B1
タイプ:シリコン製アーム、据え置きサイズ:108x108x124mm本体重量:420g材質:シリコン、ヘアライン仕上げスチールなど対応ケーブル:筆者の所持製品 30種類以上すべてに対応接続:USBUSBハブ:4ポートLEDライティング:イエロー単色価格:6,318円 (本稿執筆時点)

「Xtrfy B1」は非常に多機能なマウスバンジーです。ここまで紹介した製品とは外見や材質も大きく異なります。ベースは金属製となっており、本体重量は420gと安定感に優れています。アーム部分にはシリコン製を採用しています。スプリング式と比べると、アームがたわんだときの抵抗感が少ないのがメリット。一方で、ケーブル自体の重みはやや感じやすいのかなと思います。

また、4つのUSBポートを搭載しているので、USB接続デバイスをデスク上ですぐに切り替えたり整理することが可能です。2箇所のLEDライティングゾーンが底面・ロゴ部分に備わっており、外見にこだわりたいという方にもオススメです。

マウスケーブルを留めておくシリコン製アームには切り込みが入っており、太いケーブルでも問題なく固定することができます。

クリップでコードを留める単機能Xtrfy C1

Xtrfy C1
タイプ:クリップ式、マグネットサイズ:35×53mm本体重量:-材質:-対応ケーブル:筆者の所持製品 30種類以上すべてに対応備考:Xtrfyロゴ入りマグネット4枚付属価格:2,668円 (本稿執筆時点)

「Xtrfy C1」は単機能かつ簡易的なマウスバンジーです。本体の底面が強力なマグネットとなっており、付属のマグネットシールを設置したい部分に貼って設置します。マグネットシールを貼らずにマウスパッドの下に潜めておき、本体を上に乗せて固定するのもOK(厚みによっては磁力が弱くなるかもしれません)。非常にコンパクトで、設置スペースを考慮しなくていいのがメリットです。

クリップ部分はとても強力ですので、一度ケーブルを留めると動いてしまう心配はありません。また、マウスケーブルの太さを問わずに使用可能です。

ケーブルマネジメントアクセサリーとして見ると、マウスバンジーと比べると本体の高さが低く、デスク上がすっきりとした印象になります。最近では、パラコードをはじめとした軽くて柔らかいケーブルを採用したゲーミングマウスが増えています。C1は固定力には非常に優れていますが、ケーブル自体の重みを感じやすいので、そういったマウスと相性が良いように感じます。

据え置きでケーブルを通すタイプMiraview Gaming the Mouse Rock

Miraview Gaming the Mouse Rock
タイプ:ケーブルを這わせる、据え置きサイズ:50×50×20mm本体重量:245g材質:ステンレス鋼対応ケーブル:筆者の所持製品 30種類以上すべてに対応価格:2,099円 (本稿執筆時点)

「Miraview Gaming the Mouse Rock」は、ステンレス製の特徴的な外見をしたマウスバンジーです。使い方は単純で、内部の機構にマウスケーブルを這わせて蓋を閉めるだけ。4つ穴が開いているので、1台でゲーミングマウス2つのケーブルマネジメントに対応しています。こちらもC1と同様、本体の高さが低いうえ、設置スペースを気にしなくてもいいタイプとなります。

所持している全てのマウスのケーブルを通すことができたので、相性問題については心配する必要が無いと言えるでしょう。ステンレス製の据え置きタイプと言えば、現在は廃盤となっているSteelSeries Cord Holderを想起させます。どうしても手に入らない場合の代替品としてもオススメ。

最後に

筆者は正直なところ「こんなの必要か?」とも感じていた時期もありましたが、実際に使用してみなければ分からないものです。マウスバンジーに留めておけば、マウスケーブルの重さを感じず、デスクとケーブルの擦れによる抵抗感が無くなり、マウスの操作性が大きく向上します。有線ゲーミングマウスを使用している方ならば必須のアクセサリーだと言えるでしょう。

Profile image
執筆者
ゲーミングデバイスレビュアーとして活動しています。
運営者についてもっと詳しく知る
お問い合わせはこちらから