【2021年最新版】おすすめのロープロファイルゲーミングキーボード4選。高速応答でFPSに最適

【2021年最新版】おすすめのロープロファイルゲーミングキーボード4選。高速応答でFPSに最適

当記事では、ロープロファイルキーボードのおすすめ機種を紹介します。

ロープロファイルキーボードは、キーストローク・アクチュエーションポイント(作動点)が短く、高速なキーレスポンスが期待できるので、FPSに適したキーボードとして注目されています。

ロープロファイルキーボードとは

ロープロファイルキーボードとは、「ロープロファイルキースイッチ」という背の低いスイッチを搭載したキーボードのことです。構成するパーツが薄いので、キーボード本体も薄型設計なのが特徴です。

通常のキースイッチと同じように、赤軸・茶軸・青軸・銀軸などに分類できます。また、押し下げ圧・キーストローク・アクチュエーションポイント(作動点)といった仕様もスイッチごとに異なります。

ロープロファイルキーボードに搭載される代表的なスイッチは、Cherry社の「Cherry MX Low Profile Red」「Cherry MX Low Profile Speed」や、Kaihua社の「Kailh Low Profile」シリーズなど。その他にも、ゲーミングデバイスメーカーが独自に開発したロープロファイルキースイッチも存在します。

ロープロファイルキーボードのメリット

1. キーの反応が速い

「キーを2.0mm押し込んだら反応するキーボード」と「キーを1.0mm押し込んだら反応するキーボード」のどちらの方がキーの反応が速いかといえば、迷わず後者ですよね。

ロープロファイルキーボードはアクチュエーションポイント(作動点)が短いものが多いです。

FPS/TPSなど、キーの高速入力が求められるジャンルで高いパフォーマンスを発揮します。

2. キーを押してから再度反応するまでが速い

一度キーを押して反応した後、再度反応する状態に戻すには、一定の高さまで戻す必要があります。このとき、キーが再度反応するようになる地点を「リセットポイント」と言います。

ロープロファイルキーボードは背が低いので、通常のキーボードと比べて、キーを底打ち(それ以上キーが下がらないところまで押し込むこと)してからリセットポイントに返ってくるまでの距離が短いです。

これは、キー連打速度の向上に繋がりますし、複雑な操作がよりリアルタイムに反映されるので、FPSだけでなくゲーム全般で有効です。特に、正確かつ精密なキャラクターコントロールが求められる『フォートナイト』や『Apex Legends』では恩恵が大きいです。

3. キーを押し下げるのが楽

キーを押し下げるのが楽で、長時間使用しても疲れづらいです。理由は、通常のキーボードよりも背が低いぶん、キーを押し下げる距離が少ないからです。たったコンマ数ミリの違いですが、指先で触れるものなので大きな差として体感できます。

ただし、キーの押し下げ圧は通常のキーボードとほとんど変わりません。むしろ個人的には、押し下げ圧が同じキーボード同士でも、ロープロファイルのほうが若干キーが重たいと感じることが多いです。

ロープロファイルキーボードのデメリット

1. 打鍵感が物足りない

ロープロファイルキーボードは本体とキースイッチが薄いので、通常のキーボードと比べてタイピング時の底付き感が目立ちます。

通常のキーボードと比べてストロークが短いので、指先に伝わる感触がやや弱く、キースイッチによる打鍵感の変化も少ないように感じます、

筆者は、ロープロファイルキーボードの特性を分かりやすく説明するとき、「通常のキーボードとノートPCのキーボードの中間」と表現することが多いです。※もちろん搭載されているキースイッチによって打鍵感は大きく異なるので注意

2. バリエーションが少ない

通常のキーボードと比べると、製品の種類が圧倒的に少ないです。キーボードを選ぶときの条件(キー配列、キー数・サイズ、接続方式、キースイッチ、各種機能など)はさまざまですが、それらを満たした製品が見つからない可能性があります。

ただ、バリエーションが少ないということは、本当に自分に合ったものを見極めやすいとも言えます。DPQPでは、人気のロープロファイルゲーミングキーボードを実機で検証したうえで、おすすめの機種をピックアップしています。

おすすめのロープロファイルゲーミングキーボード

DPQPがおすすめするロープロファイルゲーミングキーボードは全て実機で検証済みです。個別のレビュー記事も読めるので、使用感など更に詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

FILCO Majestouch Stingray

価格:10.373円(執筆時点)  Amazon  楽天市場

選べる2種類のCherry MXロープロファイル軸

「FILCO Majestouch Stingray」は、Cherry社製ロープロファイルキースイッチを搭載した2種類のモデルをラインナップしています。それぞれのスペックは以下の通り。

キースイッチ名称
Cherry MX
Low Profile Red
Cherry MX
Low Profile Speed
特性 リニア リニア
押し下げ圧 45g 45g
キーストローク 3.2mm 3.2mm
作動点 1.2mm 1.0mm
耐久性 5,000万回 5,000万回
「Cherry MX Low Profile Red」は、いわゆるロープロファイル赤軸・低背赤軸。安定したキー入力と、素早いリセットポイントへの到達を求める方に適しています。個人的には最もゲームに適したキースイッチだと思います。
「Cherry MX Low Profile Speed」は、いわゆるロープロファイル銀軸・低背銀軸。ロープロファイルの特徴を活かしつつ、より高速で入力したい方向け。銀軸といえば誤入力が目立つものだと思われがちですが、ロープロなら不思議と自然に入力できますよ。

キー配列・サイズが豊富

キー配列は日本語配列・英語配列の2種類、サイズはフルキー・テンキーレスの2種類をラインナップ。さらに、キーキャップの印字(かなあり/かななし)、前面印字モデルまで用意されているので、好みに合わせた選択が可能です。

キーボードの基本性能を重視

Majestouchは、キーボードとしての基本的な性能に特化した製品です。ゲーミングキーボードによく見られるような機能は省かれています。LEDバックライトは非搭載で、ソフトウェアによる制御にも対応していません。
接続 USB 着脱不可 キー配列 JIS / US
サイズ フルキー/テンキーレス キースイッチ Cherry MX Low Profile Red / Low Profile Silver
キーキャップ ABS樹脂 角度調整 可能
ライティング ソフトウェア
DPQPでの評価は 4.5 out of 5.0 stars です
FILCO Majestouch Stingrayのレビューを読む

Logicool G913 / G913 TKL

価格:27,500円~(執筆時点)  Amazon  楽天市場

リセットポイントへの到達が速い

G913に搭載されているのは、Logicoolが独自に調整した薄型キースイッチです。リニア(赤軸に近い)、タクタイル(茶軸に近い)、クリッキー(青軸に近い)の3種類をラインナップしています。それぞれのスペックは以下の通り。

キースイッチ名称
GLリニア
GLタクタイル
GLクリッキー
特性 リニア タクタイル クリッキー
押し下げ圧 45g 50g 50g
キーストローク 2.7mm 2.7mm 2.7mm
作動点 1.5mm 1.5mm 1.5mm
耐久性 5,000万回 5,000万回 5,000万回
注目すべき点は、キーストロークが2.7mmに対して作動点が1.5mmで、差が少ないということ。つまり、キーを押してから1.2mm戻すだけでキーが再度反応する状態になるため、キー連打・複雑な操作のレスポンスが高速です。FPSなどの高速入力が求められるゲームに適しています。

2.4GHzワイヤレス・Bluetoothに対応

ロジクール独自の2.4GHzワイヤレス技術「LIGHTSPEED」を備えており、無線ながら遅延無しでの操作が可能。また、Bluetoothにも対応しており、キーボード上のボタンを1回押すだけで接続モードを切り替えられるので、複数のデバイスを操作する方にも適したキーボードです。

フルキー・テンキーレスの2種展開

フルキーの「G913」は、上段に各種機能キーやメディアキー、最も左の列にはマクロなどを割り当てられるプログラマブルキーを5つ搭載するなど、非常に多機能なモデル。テンキーレスの「G913 TKL」は、各種機能キーとメディアキーを備えていながら、本体がコンパクトなのでスペースを取りません。
接続 無線 キー配列 JIS
サイズ フルキー/テンキーレス キースイッチ GL リニア / GL タクタイル / GL クリッキー
キーキャップ ABS 角度調整 可能
ライティング RGB ソフトウェア 対応
DPQPでの評価は 3.5 out of 5.0 stars です
Logicool G913 TKLのレビューを読む

Fnatic STREAK65 US

価格:16,667円(執筆時点)  Amazon  楽天市場

独自開発の高速入力が可能なキースイッチ

「Fnatic STREAK65 US」は、Fnatic Gearが独自開発した、高速入力が可能なロープロファイルキースイッチ「Fnatic Speed」を搭載しています。スペックは以下の通り。

キースイッチ名称
Fnatic Speed
Cherry MX
Low Profile Speed
特性 リニア リニア
押し下げ圧 45g 45g
キーストローク 3.2mm 3.2mm
作動点 1.0mm 1.0mm
耐久性 5,000万回 5,000万回
見ての通り、主流のロープロファイルキースイッチ「Cherry MX Low Profile Speed」と全く同じスペック。実際の打鍵感にも大きな差がなく、馴染みやすいキースイッチです。作動点が短く高速入力が可能で、FPSなどの対人ゲームに適しています。

60%よりも便利?な65%レイアウト

フルキーの約65%のキー数を備えた65%レイアウトが採用されています。最近流行している60%レイアウトの右の列に矢印キー・Insert・Delete・Page Up・Page Downが追加されたもの。ソフトウェアでキーを置き換えたりマクロを割り当てることが可能なので非常に便利です。
接続 USB-C 着脱可能 キー配列 US
サイズ 65% キースイッチ Fnatic Speed (ロープロファイル)
キーキャップ ABS樹脂 角度調整 可能
ライティング RGB ソフトウェア 対応
DPQPでの評価は 4.0 out of 5.0 stars です
Fnatic STREAK65 USのレビューを読む

Corsair K70 RGB MK.2 Low Profile

価格:17,200円(執筆時点)  Amazon  楽天市場

Cherry社製のロープロ銀軸を搭載

「Corsair K70 RGB MK.2 Low Profile」は、Cherry社製のロープロファイルキースイッチ「Cherry MX Low Profile Speed」を搭載しています。スペックは以下の通り。

キースイッチ名称
Cherry MX
Low Profile Speed
特性 リニア
押し下げ圧 45g
キーストローク 3.2mm
作動点 1.0mm
耐久性 5,000万回
作動点が1.0mmと非常に短いので、高速入力が可能です。打鍵音が柔らかいのもロープロ軸の特徴の一つで、部品の物理的接触によるアタック音がなく、「スコスコ」と軸が擦れるような音が鳴ります。

多機能なゲーミングキーボード

音楽の再生・停止などをコントロールするメディアキー、デバイスを充電可能なUSBパススルーポートを搭載。さらには、対応するPCパーツなどの周辺機器とライティングを同期する「iCUE」にも対応しています。多くの機能を備えたゲーミングキーボードを探している方向け。
接続 有線 キー配列 JIS
サイズ フルキー キースイッチ Cherry MX Low Profile Speed
キーキャップ ABS 角度調整 可能
ライティング RGB ソフトウェア 対応
DPQPでの評価は 4.5 out of 5.0 stars です
Corsair K70 RGB MK.2 Low Profileのレビューを読む

最後に

おすすめのロープロファイルゲーミングキーボードを4つ紹介しました。

通常のキーボードと比べ、キーストローク・アクチュエーションポイント(作動点)が短いものが多いので、キーの反応速度を重視する方におすすめです。また、打鍵感が柔らかい(アタック音が鳴らない)のもメリットの一つ。ぜひ検討してみてください。

  • マウス
  • マウスパッド
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ゲーミングヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. 周辺機器・アクセサリ
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
プッシュ通知を受け取る 
コメントを購読する
通知
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments