「Fnatic STREAK65 US」レビュー。独自のロープロファイル軸を備え、キーバインドも可能な65%キーボード

「Fnatic STREAK65 US」レビュー。独自のロープロファイル軸を備え、キーバインドも可能な65%キーボード

評価:4

本稿では、Fnatic Gearのゲーミングキーボード「Fnatic STREAK65 US」のレビューをお届けします。

Fnatic Gear STREAK65 US
価格:17,186円(執筆時点)  Amazon  楽天市場

ファーストインプレッション

今回はFnatic Gearから登場した「STREAK65 US」を詳しくチェックします。流行りの65%レイアウト、さらに独自の薄型キースイッチ「Fnatic SPEED」を搭載しているのが特徴です。

ソフトウェア「Fnatic OP」に対応しており、4つのプログラマブルキーを含む68キーに制限なくキーバインドが行えるのも魅力。ソフトウェアが提供されているコンパクトなキーボードは意外と少なく、そういった需要もしっかりと抑えてきている印象を受けます。期待度高め。

配信アーカイブ

製品仕様とスペック

キー配列 US/英語配列 キー数 68
キースイッチ Fnatic Speed (ロープロファイル) バックライト RGB
サイズ 316×109×28mm 本体重量 420g
レポートレート 1,000Hz オンボードメモリー 8MB
ケーブル 着脱式 / USB-C ソフトウェア 対応 (Fnatic OP)
メーカー保証 2年間

パッケージと内容物

外箱と内箱に分かれた2重のパッケージ。

内容物は STREAK65 US本体、USB-Cケーブル、取扱説明書。

パフォーマンス

デザインと本体重量

角が丸まったコンパクトなケース。前面プレートはアルミニウム製で、質感は良好です。

側面・底面はプラスチック製で、本体重量は420gと軽量です。また、ロープロファイルキースイッチを搭載することによる薄型設計も特徴の一つ。持ち運びにも適した仕様であると言えます。

表面の奥側にFnatic、右側の側面にはSTREAKと印字されています。デスクに設置したときに目に見える部分には余計な装飾がなく、シンプルなデザインであると言えます。

奥側の側面に備わっているFnaticのプレートは取り外せます。Fnatic所属プロプレイヤーは選手名を刻印したプレートを装着しているようですが、これが一般ユーザー向けに販売されるかどうかは不明。

本体底面には滑り止めラバー・角度調整スタンドが備わっています。

ラバーの滑り止め性能はやや物足りません。特に角度調整スタンドを立てた状態では、本体を押し出しただけで簡単に動いてしまいます。 ※リノリウム天板のデスクを使用

サイズ

STREAK65 USは、幅317.5mm 奥行108.5mmとコンパクトな設計の65%キーボード。※65%とは「フルキーに対して約65%のキー数」を表すもので、特定のキーの有無が明確に決まっているわけではありません。

右Shiftキーの幅を狭めたり右Windowsキーを省略するなどして、矢印キーが搭載されています。無駄なスペースを開けないことで、60%レイアウトよりも一列多いだけに留まっています。

最も右の列にはInsert / Delete / Page Up / Page Downの4キーを備えています。これらを利用しない場合は、キーやマクロを割り当てるプログラマブルキーとしても活用できます。1~4の数字が割り振られて印字されているあたり、メーカーもそのような用途を想定していそうです。

ゲームと作業の両方で理想的なキーレイアウトであると言えます。

キーキャップ

ABS樹脂製のキーキャップ。指に適度な引っ掛かりが得られ、感触は悪くありません。しかしこの材質は共通して、油分が目立ちやすい・ベタつきやすいという難点を抱えており、このSTREAK65 USも同様です

これといって特徴のないフォント。SpaceバーにはFnaticのロゴが印字されています。

一般的なメカニカルキーボードと比べ、ロープロファイル用のキーキャップは非常に少ないです。また、Kailhスイッチのようなツメで引っ掛けるタイプではないので注意すること。

キースイッチ

STREAK65 USは「Fnatic SPEED」というFnatic Gear独自のロープロファイルキースイッチを搭載しています。ステムがFnaticのチームカラーであるオレンジとなっています。

ロープロファイルキースイッチとは、一般的なキースイッチと比べて背の高さが短縮された薄型キースイッチのことです。キーストロークが短いぶんリセットポイントへの到達が速く、キーを押したり離したりしたときのキー反応速度が向上するため、ゲームプレイで有利に働きます。

Fnatic SPEEDと主要なロープロファイルキースイッチとの比較は以下の通り。

スイッチ名称 Fnatic Speed Cherry MX 
Low Profile Red
Cherry MX
Low Profile Speed
Kailh
Low Profile Linear
押下荷重 45g 45g 45g 45g
キーストローク 3.2mm 3.2mm 3.2mm 3.0mm
作動点 1.0mm 1.2mm 1.0mm 1.5mm

「Fnatic SPEED」のスペックは押下荷重45g・キーストローク3.2mm・アクチュエーションポイント1.0mm。上記の表から、Cherry MXLow Profile Speed (ロープロファイル銀軸) と同等のスペックを持ったキースイッチであることが分かります。

銀軸と言えば、誤爆しやすいピーキーなスイッチという印象ですが、ロープロファイルとなると話は別で、キー反応の速さはしっかりと感じられつつも、初見でも扱いやすい調整となっています。

打鍵感

打鍵感はCherry MX Low Profile Speedと大差無いという印象を受けます。

Cherry MX製のロープロファイルキースイッチにも見られるような「擦れ感」があります。「スッ」と軸の擦れる音とともにキーが降りていき、底打ち時に「カタッ」と音を発します。個人的には好みです。

スイッチの背が低くてキーストロークも3.2mmと短いので、底打ち感が強いです。キーがスムーズに降りていく感覚は、標準のキースイッチを搭載しているキーボードの方が得られやすいです。

キーを強く叩いたときの金属音、横長キーを叩いたときのバネ鳴りは確認できませんでした。先ほど軽量設計と紹介しましたが、造りにこれといった難はないようです。

一般的なキーボードよりも薄いので、手首や指の角度・ポジショニングに変化が生じることは注意。

ケーブル

ケーブルはビニール皮膜で覆われたタイプで、標準で付属している一般的なケーブルという印象。

キーボード側はUSB Type-Cで、流行りのサードパーティー製ケーブルも利用可能です。接続ポートはキーボード本体の左側に搭載されています。

ソフトウェア

STREAK65 USは、Fnatic製デバイスの統合ソフトウェア「Fnatic OP」に対応しています。こちらのページ (Fnatic Gear公式サイト) からダウンロード可能です。

ベータ版ですが日本語にも対応済み。設定項目はライティングとキーバインドで、主にソフトウェア中央のキーボードからキーを選択して操作するという仕組みです。シンプルなUIで分かりやすいです。

キーバインド ※不具合有り

これといった制限はありません。キー数の少ない65%レイアウトですが、最も右の列に搭載された4つのプログラマブルキーに好きな機能を割り当てることで、さらに便利に活用できます。

執筆時点ではソフトウェアによる制御が可能な65%キーボードが少なく、貴重な製品であると言えます

※現行バージョンでは「プログラマブルキーの2番だけキーリマップを受け付けない」という不具合が発生しています。今後のファームウェアアップデートで改善されるものと思われます。

2021/02/24追記:STREAK65 USの仕様上、Fnキーの配置を変更することは不可能でした。誤った記載をしてしまい大変申し訳ございませんでした。

ライティング

発光パターンを8種類から選択し、それぞれのカラーとエフェクト速度・方向を設定します。

現行バージョンでは単色の常時発光が選べませんが、 [グラデーション] で [2Colors] に設定し、2色とも希望の色に設定すると単色で常時発光してくれます。

LEDライティング有効時、椅子にもたれるなどしてSTREAK65 US本体を斜めから見ると、Spaceバーのライト2か所が直接目に入って眩しいのが少し気になります。

結論とターゲット

「Fnatic STREAK65 US」について詳しく見てきました。非常にコンパクトながら、60%にはない矢印キーやプログラマブルキーを搭載した65%は、ゲームプレイに適したレイアウトと言えます。

420gと軽量設計で、USBケーブルも取り外し可能。持ち運びを想定した選択肢として優れています。

「Fnatic SPEED」は Cherry MX Low Profile Speed (ロープロファイル銀軸) と同等のスペックで、類似キースイッチに劣らないクオリティ。アクチュエーションポイントは1.0mmと短いものの、スイッチ自体の背が低いためか不思議と誤爆しづらく、初見でも馴染みやすいのが利点と言えます。

キーキャップはABS樹脂製。指に適度な引っ掛かりが得られますが、この材質特有の油分の目立ちやすさ・ベタつきやすさは難点として挙げられます。

コンパクトなキーボードを展開するメーカーはソフトウェアを提供していないことが多く、STREAK65 USのように自由なキーバインドが行えるのは利点です。そこに「65%レイアウト」「薄型キースイッチ」といった条件を加えると、唯一無二の選択肢となるのではないでしょうか。

やや割高感はあるものの、条件が合えば非常に優れた選択肢となります。

総合評価 4.0 out of 5.0 stars

コンパクト・軽量設計
実用性の高い65%レイアウト
優れたキースイッチ
取り外し可能なUSB-Cケーブル
ソフトウェア対応
ABS樹脂製キーキャップ
やや価格が高い
 滑りやすい底面ラバー

Fnatic Gear STREAK65 US
価格: 17,186円 (本稿執筆時点)

以上、Fnatic Gearのゲーミングキーボード「Fnatic STREAK65 US」のレビューでした。

プッシュ通知を受け取る 
コメントを購読する
通知
guest
4 件のコメント
古い順
新しい順 評価順
Inline Feedbacks
View all comments
メタリカ

初めまして!自分もSTREAK65 USを使用しているのですが、FNの位置を記事通り変更して使用したいなと思い変更したのですが、WindowsキーにFNを登録してもFNが反応しなくて、他の数字や文字などは動作しているのですが、そういった不具合などはありませんでしたか?

メタリカ

昨日ASKに問い合わせたところ、
キーバインドについて弊社でも検証をいたしましたが、こちらは仕様でございました。
FNキーは他のキーと組み合わせて使用する仕様上、配置を替えたりすることができない
ものとなっております。」
とのことでした。
FNキーを他に設定することはできないみたいです。

メタリカ

ご返信ありがとうございます。
やはりFNキーはどうしても変更できないのですね。
ミオニ様の方でFNキーの変更が出来ていたら、自分も教えてもらおうと思ってコメントさせていただいただけでしたので、お気になさらず!
これからもレビュー楽しみにしております。