「EsportsTiger BLAZE」レビュー。コーデュラナイロンを採用した布製で最も滑りが速いゲーミングマウスパッド

「EsportsTiger BLAZE」レビュー。コーデュラナイロンを採用した布製で最も滑りが速いゲーミングマウスパッド

本稿では、EsportsTigerのゲーミングマウスパッド「EsportsTiger BLAZE」のレビューをお届けします。

EsportsTiger BLAZE
価格:6,700円(執筆時点)   Amazon

レビューを動画で見る

この製品について

交換用マウスソールを展開することなどで知られるEsportsTigerは、現在10種類以上のゲーミングマウスパッドを展開しており、どれも独特なアートワークが施されたインパクトのあるデザインとなっています。

今後その全てを当サイトでレビューする予定で、その第2弾として取り上げるのがBLAZEです。コーデュラナイロンという耐久性に優れた生地を採用するモデルで、滑りを重視した仕様となっています。

パッケージには巻き癖の一切ないフラットなものを、底面にはグリップ性能に優れる新技術PURU PLUSを採用するなど、マウスパッドとしての基本性能を見直してクオリティを高めてきている印象です。これがどのような製品となっているのか、この記事で詳しくチェックしていきます。

製品仕様とスペック

材質 布製 表面 コーデュラナイロン
サイズ 480 x 400mm 厚さ 4.0mm
エッジ ステッチ加工 ベース すべり止め (PURU PLUS技術)
カラー 1カラー

基本仕様をチェック

パッケージと内容物

フラットパッケージに入っています。配送用の外箱・化粧箱の2重梱包となっています。

巻き癖

完全に真っすぐな状態で梱包されているので、巻き癖は一切ありません。

バリエーション

サイズ

BLAZEの寸法は480 x 400mmで、ローセンシにも対応する大判サイズとなっています。

厚さは4.0mm。布製ゲーミングマウスパッドのごく一般的な厚みです。

カラー

BLAZEはワンカラーです。EsportsTiger製マウスパッドは種類ごとに異なるデザインとなっています。

エッジ

エッジにはステッチ加工が施されています。とても頑丈に縫われており、肌触りはザラザラとしています。

ステッチの幅が狭いうえに、滑走面と背の高さが同じなので、手首や腕が引っ掛かりづらく快適に操作できます。とても優れた処理だと感じます。

底面

底面には、PURU PLUSと称した薄いラバー素材が縫い合わされています。

グリップ感は非常に優れており、マウスパッドが定位置でしっかりと固定されます。マウスを激しく動かしても一切ズレることはありません。ホワイト天板とラバーウッド天板の両方でうまく機能しており、相性問題も発生しづらそうです。これもとても優れているように思います。

パフォーマンス

滑走面

BLAZEの滑走面にはコーデュラナイロン素材が採用されています。ナイロンと比べて耐久性に優れており、機能性に長けるウェアやバックパックに採用されるケースが多いです。

また、ゲーミングマウスパッドにもいくつかの採用例がありますが、それらは全て同じ操作感という訳ではありません。筆者が検証する限り、同じコーデュラナイロン製でも滑りの速さにかなりの差が見られます。

滑走面の拡大写真から想像がつくように、縦と横の滑りの差は体感できるほどではありません。どの方向に滑らせても同じ操作感を維持できます。

表面はザラザラとした質感で、マウスを激しく操作する際に手首や腕を擦ると痛いです。長袖やアームカバーは引っ掛からないので、着用しての使用をお勧めします。

操作感

BLAZEはハイスピードタイプに属するゲーミングマウスパッドです。他社製マウスパッドと滑走速度を比較すると、「Logicool G440」をはじめとするプラスチック製マウスパッドよりも遅く、「Artisan 紫電改 Mid」よりも速いといった具合で、既存の布製マウスパッドの中では最速レベルです。

コーデュラナイロンを採用するマウスパッドの中で最も速いだけでなく、最近流行りのガラス製マウスパッド6種よりも速いです。Artisan 紫電改やハードパッドのようなザリザリ感のあるフィーリングとは異なり、マウスが硬い繊維の上をサーッと滑らかに滑ってくれる感覚です。滑走音は比較的静かです。

滑り出しはとても軽く、滑走時もほぼ抵抗感がありません。とにかくスピードに特化している印象です。布製マウスパッドとしては珍しく、縦横の滑りに体感できるほどの差がなく、マウスをどの方向に動かしても操作感が変わらないのは利点です。

また、滑走面と中間層のスポンジの両方が硬いので、マウスに圧を掛けてもソールがほとんど沈み込みません。表面の摩擦やソールの沈み込みに頼らず自身の力でマウスを止める感覚が必要になってくるため、布製ながらハードタイプのマウスパッドに近い操作性となっています。

指や手首のわずかな動きにマウスが追従するので、対象を追いかけるトラッキングエイムが主体となる『Apex Legends』などのタイトルに適しています。ただし、力み癖がある方にはお勧めできません。

一方で、ストッピングアシストには全くと言っていいほど期待できないので、精度の高いフリックエイムが求められる『VALORANT』『CS:GO』などのタイトルには適しません。 *滑りを重視したマウスパッドが好みなローセンシの方にはうまくハマる可能性もありますが、高いエイム技術が求められます。

他社製マウスパッドとの滑り比較

BLAZEは「ハイスピード」タイプに属します。
※それぞれ上から滑走速度が速い順に並べています。筆者の肌感覚なので変動する可能性有り。

ハイスピード
滑走速度が最も速い
スピード
滑走速度が速い
スピードバランス
滑走速度が僅かに速い
バランス
標準
コントロールバランス
滑走速度が僅かに遅い
コントロール
滑走速度が遅い
ハイコントロール
滑走速度が最も遅い
Logicool G440D-GLOW 1.0Artisan 疾風乙 XSoftCooler Master MP510EsportsTiger EBA BLUEEsportsTiger LingYunCorsair MM200 Pro
Xanova Phobos MArtisan 紫電改 XsoftGamesense RadarArtisan 零 Mid (旧)Xtrfy GP4Glorious MousepadEsportsTiger Titan Revolution
Xtrfy GP3Artisan 雷電 MidOdin Gaming InfinityCorsair MM300EsportsTiger Longteng FirecloudEsportsTiger LongTeng Purple GoldBenQ ZOWIE G-SR
X-raypad Thunder XBenQ ZOWIE GTF-XArtisan 疾風甲 SoftCorsair MM350Esports Tiger NeonEsportsTiger QingSui 2 ProXtrfy GP2
Vancer ICEArtisan 雷電 XsoftEsportsTiger WuGi 2EsportsTiger Qingsui 2Esports Tiger Neon CyanX-raypad Equate Plus
EsportsTiger BLAZEArtisan 飛燕 MidFnatic DashBenQ ZOWIE G-SR-SEvaxee PB Black
Artisan 紫電改 MidArtisan 飛燕 SoftThe Mousepad CompanyArtisan 零 Soft (旧)vaxee PA Black
D-GLOW 2.0Razer StriderX-raypad ThorEsportsTiger Grandmaster MoRRazer Gigantus V2
SkyPAD Glass 3.0 XLEsportsTiger GrandmasterBenQ ZOWIE G-SR-SE RougeSteelSeries QcK+
SkyPAD Glass 2.0 XLXtrfy GP5 XLEsportsTiger Grandmaster ProSteelSeries QcK Heavy
HID-Labs RINKOdin Gaming ZeroGravityvaxee PAInked Gaming Mousepad
SkyPAD Glass 2.0PureTrak TalentX-raypad Minerva
EsportsTiger Grandmaster Green
HyperX Fury S Pro
Logicool G640
X-raypad Aqua Control+

ソール相性

BLAZEの滑走面には細かな凹凸があるので、エッジが角ばったソールと組み合わせると不均一な引きずり感や引っ掛かりが発生します。エッジがしっかりと処理されたものと組み合わせることをお勧めします。

滑走面と中間層のスポンジが硬く、マウスに圧を掛けてもソールがほとんど沈み込まないので、厚みは気にする必要はありません。

センサー相性

各種マウスセンサーとの相性をチェック。それぞれの組み合わせでカーソルが正確に追従するかを確かめるほか、センサー挙動を可視化するソフトウェア「Mouse Tester」での測定も行います。

なお、使用環境やファームウェアのバージョンの違いなど、様々な要因によって結果が変動する可能性があり、この検証結果が100%正しいものではないことをお伝えしておきます。また同じセンサーを搭載していても種類が異なるゲーミングマウスでは結果は変動するので、ご参考までに。

正常に動作する
 動作に問題は無いが、MouseTesterの波形に乱れが見られる
通常使用が不可能

Endgame Gear XM1r (PixArt PAW3370)
OUTSET AX (PixArt PMW3389)
BenQ ZOWIE S2-C (PixArt PMW3360)
Razer Viper Mini (PixArt PMW3359)
BenQ ZOWIE FK2 (PixArt PMW3310)
ASUS ROG Keris Wireless (PixArt PAW3335)
Logicool G Pro Wireless (HERO 25K)
Razer Viper 8KHz (Razer Focus+)
Razer Viper (Razer 5G)
Glorious Model O Wireless (Glorious BAMF sensor)
ROCCAT Kone Pro Air (Owl-Eye 19K)
ROCCAT Kone Pure Ultra (Owl-Eye 16K)

主要マウスセンサーを搭載したゲーミングマウス12種で検証したところ、すべて正常に動作しました。このほか『VALORANT』『Apex Legends』でのプレイテストも行っています。

耐久性・湿気への耐性

BLAZEは一般的な布製マウスパッドと比べて耐久性が高く、湿気の影響による操作感の変化も感じづらいです。

本来、布製マウスパッドは湿気や耐摩耗性への耐性はそこまで期待できません。基本的には消耗品という認識です。BLAZEは耐摩耗性に優れるコーデュラナイロン素材を採用しているので、摩耗による劣化が起きづらく、一般的な布製マウスパッドと比べて耐久性が高いです。

また、滑走面とソールとの接地面積が少ないぶん、湿気の影響による操作感の変化も体感しづらいものになっています。しかし、ナイロン素材は湿度に弱く、密度の高いコーデュラも例外ではありません。多湿な環境では、体感しづらいとはいえ多少の滑りの変化は生じます。

結論とターゲット

「EsportsTiger BLAZE」について詳しく見てきました。一般的な布製マウスパッドと比べて耐久性に優れ、湿気による滑りの変化も感じづらいコーデュラナイロンを採用しています。滑走速度は「Logicool G440」をはじめとするプラスチック製マウスパッドよりも遅く、「Artisan 紫電改 Mid」よりも速いといった具合で、布製マウスパッドでは最速レベルの滑りです。

初動がとても軽く、滑走時もほぼ抵抗感がないので、ハードタイプのマウスパッドのように表面の摩擦やソールの沈み込みに頼らず自身の力でマウスを止める感覚が必要となります。縦横の滑りの差もないので、上下左右へのトラッキングが必要になる『Apex Legends』のようなタイトルに合いそうです。

エッジは滑走面と背の高さが変わらず、マウス操作時に引っ掛かることはありません。底面にはPURU PLUSと称した薄いラバー素材が縫い合わされており、あらゆるデスク上で非常に優れたグリップ性能を発揮します。フラット包装なので巻き癖も一切なく、製品としてのクオリティが非常に高いように思います。

価格は6,700円と布製マウスパッドとしてはやや高価なものの、ここまで引きずり感のない滑らかなフィーリングの布製マウスパッドが存在しないことと、コーデュラの耐久性の高さを考えると十分に納得できるものです。トラッキングエイムが主体となる『Apex Legends』などのタイトルをプレイしていて、とにかく滑りに特化したマウスパッドを探している場合、有力候補の一つとして挙げられます。

総合評価 4.5 out of 5.0 stars

* それぞれの項目を///の4段階で評価
非常に優れたビルドクオリティ
 巻き癖が一切無い
 滑走面と高さが同じステッチ加工
非常に優れたグリップ性能
 腕や手首が擦れると痛い
 布製マウスパッドで最も滑りが速い
 ソールとの相性問題が発生しづらい
 主流センサーと相性が良い
 耐久性に優れる
 湿度の影響は受けるが体感しづらい
コントロール性能を欠いている
やや高価 *値段相応のクオリティ
EsportsTiger BLAZE
価格: 6,700円 (本稿執筆時点)

以上、EsportsTigerのゲーミングマウスパッド「EsportsTiger BLAZE」のレビューでした。

  • マウス
  • マウスパッド
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ゲーミングヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. 周辺機器・アクセサリ
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
プッシュ通知を受け取る 
コメントを購読する
通知
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments