【レビューサイト厳選】ゲーミングイヤホンおすすめ10選。FPSで重要な効果音を正確に聞き取れる

【レビューサイト厳選】ゲーミングイヤホンおすすめ10選。FPSで重要な効果音を正確に聞き取れる

本格的にゲームをするならゲーミングヘッドセットを導入するのがベストだと思われがちですが、近頃はゲーミングイヤホンを使用するユーザーが増加傾向にあります。ゲーミングイヤホンを導入する理由として、何よりも手軽なこと装着感が良いことなどが挙げられます。

ゲーミングデバイスの総合情報サイト「DPQP」では、製品のレビューを積極的に行っています。本稿では、これまで実際に扱ってきた製品を含むおすすめのゲーミングイヤホンを厳選してご紹介します。ゲーミングイヤホンの選び方も詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください。

ゲーミングイヤホンとは

ゲーミングイヤホンとは、ゲームプレイに特化したイヤホンのことです。具体的には、各音域の調整によってゲーム内の効果音が聞き取りやすいよう最適化されていたり、長時間のゲームプレイを想定して装着感の良い設計となっています。もちろん普段使いも可能で、使い回しの面でヘッドセットよりも優れています。

  • ヘッドセットよりも密閉性が高い
  • 装着感が良く、長時間に及ぶゲームプレイでも疲れづらい
  • とにかく取り回しが手軽で、髪が潰れない
  • あらゆるシーンで使い回せる

ゲーミングイヤホンをゲーミングヘッドセットと比較すると、音質が優れなかったり定位を掴みづらいというデメリットがあります。しかし、それ以外のメリットを優先してゲーミングイヤホンを使用するユーザーが増えてきています。また最近では、多くのゲーミングデバイスメーカーが製品開発に力を入れている印象を受けます。それゆえに、これまでごく少数だったゲーミングイヤホンの選択肢も幅広くなっています。

ゲーミングヘッドセットの方が良い?

よく「ゲームをプレイするならばゲーミングヘッドセットの方が良い」と言われがちですが、実際はそれぞれに明確なメリットがあります。ゲーミングヘッドセットは耳全体を覆うことから、音の鳴った位置が正確に分かりやすい(=音の定位が掴みやすい)ことは真っ先に伝えておきたいポイント。また、同価格帯の製品と仮定すると、大型ドライバーを搭載していることから音質や音圧の面でも優れたパフォーマンスを発揮します。

一方でゲーミングイヤホンは、音を一点から発するので音の定位の掴みやすさはやや劣るものの、密閉性に優れていることでゲームへの没入感が得られやすく、普段使いへの併用もしやすいという利点があります。音質や音圧もヘッドセットには劣りますが、快適なゲームプレイを想定してそれなりに確保されています。製品によっては各音域用にドライバーを複数搭載し、ゲーム内の細かな音を正確に聞き取りやすいよう調整が施されています。

音質や音の定位はそれなりで満足でき、手軽さや使い回しやすさを考慮するならば、ゲーミングイヤホンを選ぶことをオススメします。一方で、プログレードの音質の良さを求めていたり、音の定位の掴みやすさを重視する方にはゲーミングヘッドセットが選択肢に入ると言えるでしょう。

【2019年最新版】ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

FPSやMOBAなどのe-sportsタイトルに最適なゲーミングヘッドセット

ゲーミングイヤホンの選び方

ゲームには様々なジャンルがありますが、特にFPSやMOBAなどのe-sportsタイトル(対人ゲーム)では、敵の足音や銃声などの「ゲーム内の効果音を正確に聞き取れるか」が非常に重要となります。それ以外にもさまざまなポイントがあるので、ゲーミングイヤホン選びで失敗しない選び方を詳しく解説していきます。

1. 音響機器メーカーかゲーミングブランドの製品を選ぶ

前提として、ゲーミングイヤホンを購入する際は、必ず音響機器メーカーかゲーミングブランドの製品を選んでください。理由は簡単で、ゲーミングイヤホンを導入するからには、ゲームの音を聞き取りやすいよう調整されていなければ意味がないからです。ゲームで恩恵を得られなければ普通のイヤホンでも構わないですから、これまでにゲーム関連のオーディオ製品を手掛けた実績のあるブランドのものを購入するに越したことはないです。餅は餅屋、という言葉の通りですね。

また、イヤホンを含んだオーディオ関連機器というものは、こだわればこだわるほど深みがあり、それゆえに予算も無限に掛けることができるジャンルです。ゲーミングイヤホンの相場は数千円から一万円となっており、これは全体的に見るとエントリーユーザーからミドルレンジモデルに位置する価格帯です。つまり、限られた製造コスト内で実装できるだけの技術が詰め込まれているというわけです。

このことから、いわゆる中華製をはじめとした出所が分からないうえに実績の無いメーカーのゲーミングイヤホンの製品を購入することは、一般的な安価のイヤホンを購入するのと何ら変わらないと言えます。これらの製品は一部のサイトでオススメされていますが、ゲーミングイヤホン選びで失敗したくないのであれば避けたほうが無難です。

2. 密閉型か開放型

密閉型イヤホンはカナル式イヤホンとも呼ばれており、おそらく普段使っているであろう一般的なものです。遮音性が高いので周囲の音が聞こえづらい設計で、耳をほぼ完全に塞ぐことから、ゲーム内の効果音をしっかり聞き取ることができます。その密閉感から、長時間にわたって音を聞き続けると耳が疲れやすいというデメリットがあります。しかし、そもそもゲーミングイヤホンは長時間のゲームプレイを前提に設計されているので、そこまで心配する必要がありません。

聞き慣れないであろう開放型イヤホンとは、耳を完全に密閉しない設計のもの。装着する側の反対部分から音をあえて漏らすことで、臨場感を大きく感じられるのが特徴です。音漏れそのものがデメリットとも言えますが、長時間にわたって音を聞き続けても疲れづらく、臨場感からゲームへの没入感が増します。設計上、密閉型イヤホンよりも大型のドライバーを採用できるので音質が良いことも魅力ですが、今のところゲーミングイヤホンでは開放型を採用している製品は存在していないです。

ゲームへの集中力が増すことから、密閉型イヤホンを選ぶことをオススメします。

3. 有線接続・無線接続

イヤホンの接続方式は2種類あります。パソコンやゲーム機器に3.5mmジャックで接続する有線接続と、Bluetoothを使ってワイヤレスで接続する無線接続の2種類があります。基本的には有線接続のゲーミングイヤホンをオススメします。

無線接続のイヤホンを選ぶメリットとしては、ケーブルが無いので取り回しが楽で、ゲームプレイの邪魔になりづらいことが挙げられます。しかし、音が映像に比べて少し遅れて聞こえてくる音ズレの問題が発生する可能性があるので、信頼性の高い音響機器メーカーかゲーミングブランドから購入することが絶対条件です。音がズレてしまうことは、ゲーム内の効果音が重要となるFPSやTPSでは致命的です。

ちなみに、PCやコンシューマー向けの無線接続ゲーミングイヤホンの需要は十分にある現状ですが、無線接続のゲーミングイヤホンはBluetooth接続のものに限られているので、スマートフォン機器でしか使用できません。

4. ボイスチャット用マイクの有無

ボイスチャットを用いて友人とゲームを楽しむ方も少なくないと思います。ゲーミングイヤホンにもマイクを搭載している製品は多く、決して音質には優れないものの、声を正確に聞き取れるレベルの最低限の品質を保っているものが大半です。マイクの音質にこだわりたい方は別途用意するのに越したことはないですが、特に気にしないのであれば活用するのも手です。

ゲーミングイヤホンおすすめ10選

以下からは、おすすめゲーミングイヤホン10製品を紹介します。「ゲーミングイヤホンの選び方」で先ほど解説した通り、本稿では信頼性の高い音響機器メーカーおよびゲーミングブランドの製品に絞って紹介しています。ゲーミングイヤホン選びで失敗しないよう、それぞれの製品が優れているポイントも抑えています。

ゲーミングデバイスメーカーの製品

特許取得済のイヤーチップは付け心地抜群HyperX Cloud Earbuds

HyperX Cloud Earbuds
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石ダイナミック14mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:65Ω接続:3.5mmシングル4極(1.2m)マイク:全指向性、100~6,300Hz重量:19g備考:特許取得済のシリコン製イヤーチップ価格:6,980円 (2019/1/21時点)

ゲーミングヘッドセットのベストセラー製品を多数輩出しているHyperXから、ブランド初のゲーミングイヤホンである「HyperX Cloud Earbuds」。最大の特徴は、特許取得済みの独特な形状をしたシリコン製イヤーチップを採用している点。耳への密着感が抑えられたことで非常に付け心地がよく、長時間のゲームプレイも快適にこなせます。

音質の傾向はHyperXならではのバランス重視で、ゲーム内のさまざまな効果音を正確に聞き取ることができます。ヘッドセットにはやや劣るものの、音の定位の掴みやすさもある程度は再現されています。総じてゲームプレイに最適化されたゲーミングイヤホンと言えるでしょう。

ゲーミングイヤホンの定番製品とも言えるRazer Hammerhead Pro V2

Razer Hammerhead Pro V2
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ダイヤフラム10mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:32Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:無指向性、50~10,300Hz重量:19.6g備考:航空機グレードのアルミ採用価格:8,747円 (2018/1/21時点)

世界的なゲーミングデバイスメーカーRazerから発売されている「Razer Hammerhead Pro V2」。10mm径ダイヤフラムドライバー、航空機グレードのアルミボディ、フラットタイプのケーブルなど、高品質な構成パーツを採用したことにより耐久性に優れたゲーミングイヤホンです。

音質の傾向は”原音に忠実”で、通常ではやや高音に寄ったサウンド。しかし、Razerが提供するソフトウェア「Razer Surround Pro」(Razer製品を購入して紐づけると有償版へのアップグレード可能)を導入して本製品のプリセットを適用した途端、ヘッドセットに迫るような音圧を実現できます。スマートフォンなどモバイル機器でも便利なマイク付属モデルです。

定番製品からマイク機能を取り除いて安価にRazer Hammerhead V2

Razer Hammerhead V2
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ダイヤフラム10mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:32Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:未搭載重量:18.4g備考:航空機グレードのアルミ採用価格:6,270円 (2018/1/21時点)

上記で紹介したRazer Hammerhead Pro V2からマイクを取り除き、価格を抑えた単機能なモデルが「Razer Hammerhead V2」です。ゲームサウンドを聞き取りやすくするためのイヤホンを探している方で、マイクが不要だったり別途用意するという場合はこちらを選択することをオススメします。

ゲーミングブランドのSHURE掛け対応機ROCCAT Score

ROCCAT Score
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:デュアル (ネオジム磁石10mm径、6.8mm径)周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω、12Ω接続:3.5mmシングル4極(1.4m)、デュアル3極(19cm)マイク:50Hz-12kHz重量:19.5g備考:シュア掛け(耳掛け)対応のゲーマー向けイヤホン価格:8,394円 (2018/1/21時点)

10年以上の歴史があるドイツのゲーミングデバイスメーカーROCCATから「ROCCAT Score」。こちらはSHURE掛け(耳掛け)に対応しており、装着感に優れつつ移動中も外れづらいのがメリット。PCやPlayStation 4などの据え置きだけでなく、スマートフォンなどのモバイル機器にも最適なゲーミングイヤホンです。

低音用の10mm径、中低音用の6.8mm径のデュアルドライバーを搭載しており、それぞれの音域が聞き取りやすいよう調整されています。音質についてはドンシャリ気味で、ゲーム内の重要なサウンドを聞き逃しづらいチューニングと言えるでしょう。7種類の豊富なイヤーチップが付属している点も嬉しく、中でもウレタン製のものは密着性が高くてオススメ。

対応機器が幅広く使い回しが容易ROCCAT Aluma

ROCCAT Aluma
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石8mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:無指向性重量:34g備考:PC/モバイル端末/飛行機内でも使用可能な複数アダプター価格:5,744円 (2019/1/21時点)

同じくROCCATの「ROCCAT Aluma」は、他製品と大きく異なった特徴は無いものの、PC/Mac/モバイル機器/飛行機内でも使用可能という幅広い対応機器を謳ったゲーミングイヤホンです。フラットタイプのケーブル採用、高い耐久性を誇るアルミ製ボディ、6種類のイヤーチップ付属など、その他の仕様も申し分無し。

音質はドンシャリ気味でやや高音が強めで、原音に忠実であると印象を受けます。FPSでは足音や銃声などを正確に聞き取ることができるセッティングです。専用ソフトウェアはありませんが、別途ソフトウェアを導入してイコライザー調整を行えば、ユーザーそれぞれの好みにあった音響へアップグレードできるでしょう。

コストパフォーマンスに優れたモデルTESORO Tuned In-Ear Pro

TESORO Tuned In-Ear Pro
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石9.2mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:全指向性重量:17.8g備考:絡みづらいフラットケーブル採用価格:4,300円 (2019/1/21時点)

メカニカルキーボードで有名なオウルテックのゲーミングブランドであるTESOROより、「TESORO Tuned In-Ear Pro」をピックアップ。こちらもROCCAT Aluma同様に一風変わったような製品仕様は見られませんが、4000円台で入手できるコストパフォーマンスに優れたゲーミングイヤホンです。

音質に関してはドンシャリ気味で、低音や高音はやや強くて中音が抑えられている印象。これは音を聞き取ることが重要なゲームにおいて最適なサウンドバランスです。9.2mm径ダイナミックドライバー、インピーダンス16Ωと、他製品と比べても主流のセッティングで、求めやすい価格を考えば選択肢の一つとなり得る製品と言えるでしょう。

ヘッドセットのような着脱式マイクが特徴COUGAR MEGARA

COUGAR MEGARA
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石13.5mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:無指向性、100~5,000kHz重量:45g備考:着脱可能な2種類のマイク付属価格:3,357円 (2019/1/21時点)

ハイエンドなPCパーツとコストパフォーマンスに優れたゲーミングデバイスを展開するメーカーCOUGARより、「COUGAR MEGARA」をピックアップ。本体はイヤホンの片側からマイクが伸びた独特のフォルム。このマイクは着脱可能で、ブームマイクとインラインマイクの2種類が付属しています。

イヤホンとしては大きめの13.5mm径ダイナミックドライバーを採用しており、音質に関しては全音域がフラットに再生されるバランス重視のサウンド。やや音圧が薄いことから値段相応とも言えるのですが、価格と仕様を考えればコストパフォーマンスに優れており、過度に音質にこだわらない方には最適なゲーミングイヤホンと言えるでしょう。

音響機器メーカーの製品

イヤホン定番製品はゲーミング用途にも◎SHURE SE215

SHURE SE215
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:シングルダイナミック周波数帯域:22Hz~17,000Hzインピーダンス:17Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:搭載重量:30g備考:SHURE掛け(耳掛け)対応価格:10,887円 (2019/1/21時点)

耳の裏にコードを回すようにイヤホンを装着する「シュア掛け(耳掛け)」の由来となっている音響メーカーSHUREから、エントリーモデルの「SHURE SE215」をピックアップ。ゲーミングデバイスメーカーの製品ではありませんが、イヤホン単体として抜群の信頼性を誇り、ゲームプレイへも十分に適応できます。もちろん普段用として使い回しやすく、両用であれば1万円前後という価格も納得しやすいのではないでしょうか。

音質に関してはやや低音が強めのバランス型で、全音域が紛れずにハッキリと再生されます。最大の特徴は遮音性の高さで、ゲームへの没入感を増してくれるだけでなく、ゲーム内の細かな音を正確に聞き取れると言えるでしょう。

有名音響メーカーの高解像度イヤホンゼンハイザー IE60

ゼンハイザー IE60
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石ダイナミック型周波数帯域:10Hz~18,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:非搭載重量:14g備考:SHURE掛け(耳掛け)対応、付属品が豊富価格:17,405円 (2019/1/21時点)

世界的な音響メーカーであるゼンハイザーから「Sennheiser IE60」。同メーカーはゲーミングヘッドセットは展開していますが、ゲーマー向けのイヤホンは今のところありません。つまり、IE60もゲーミングイヤホンではないものの、ゲーム用途でも快適に使用できるスペックを持ち合わせています。ただしマイクが搭載されていないので、ボイスチャットも併用したい方は注意。

音の立体感と再現力が高いとメーカーが謳う通り、高い解像度ですのでゲーム内の音を聞き分けやすいことが特徴です。音質の傾向は低音がやや強めのバランス型で、万人受けしやすい癖の少ないサウンドだと言えるでしょう。

3ドライバー搭載で全音域を聞き取りやすいCreative Aurvana Trio

Creative Aurvana Trio
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:中低音用デュアル+低音用ネオジム磁石ダイナミック10mm径周波数帯域:5Hz~40,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:無指向性、100~10,000kHz重量:19g備考:ドライバー3基搭載、ハイレゾ対応価格:15,984円 (2019/1/21時点)

サウンドカードSound Blasterシリーズで知られるオーディオ機器ブランドCreativeの技術が詰め込まれた「Creative Aurvana Trio」もゲーミングイヤホンではないものの、ゲームプレイに最適な高スペックを誇るイヤホンなのでご紹介しておきます。最大の特徴は高音・中音・低音それぞれを高品質に再生するため3つのドライバーが搭載されている点です。

5Hzから40kHzをカバーするハイレゾ対応イヤホンで、高解像度なサウンドはゲーム内の細かな音を聞き取るのに最適です。

併せて導入しておきたい

サウンドカード

まとめ

一般的なイヤホンでゲームプレイしている方は、ゲーミングイヤホンを導入することでゲーム内の重要な効果音を聞き取りやすくなります。またゲーミングヘッドセットと比較すると楽に装着でき、ヘッドフォンに慣れていない方でも長時間のゲームプレイが快適に行えます。髪型が崩れないことや、普段使いにも使い回せるのも嬉しいポイントです。

また、マイクを搭載したゲーミングイヤホンでは友人とボイスチャットしながらゲームを楽しめるだけでなく、手元のコントローラでの音量調節マイクのON/OFF、スマートフォンでのハンズフリー通話も可能とするなど、一つ用意するだけで様々な用途に使い回せます。ゲーマーならば必ず一つは持っておきたい必需品と言えるでしょう。

Profile image
DPQPはゲーミングデバイスの総合情報サイト。ニュース、リリース、レビュー、プロ・ストリーマーのデバイス使用率などの統計情報を配信しています。
お問い合わせはこちらから
 2019年4月12日

コメント

カバーストーリー / 特集