おすすめのゲーミングイヤホン10選。デバイスレビュアーが厳選【2019年最新】

おすすめのゲーミングイヤホン10選。デバイスレビュアーが厳選【2019年最新】

本格的にゲームをプレイするならゲーミングヘッドセットを使用するのがベストだと思われがちですが、最近ではゲーミングイヤホンを使用する方が増えているように思います。その理由として、何より手軽なことも大きいですが、高い密閉性からゲームの効果音を細部まで聞き取りやすいということも挙げられます。

当サイト「DPQP」では、ゲーミングデバイスのレビューに力を入れています。本稿では、運営者のミオニ(@mionigg)が所持しているもの、あるいは店舗で試聴した製品の中から厳選した、FPS向けのおすすめゲーミングイヤホンをご紹介します。ゲーミングイヤホンの選び方や人気メーカーについても解説しているので、是非参考にしてみてください。

ゲーミングイヤホンとは

ゲーミングイヤホンとは、ゲームプレイに最適化されたイヤホンのことです。具体的には、ゲームの効果音が聞き取りやすいよう各音域の鳴り方がフラットに調整されていたり、音がどこから鳴ったか分かりやすいよう「音の定位感」に優れたもの、長時間のゲームプレイを想定して装着感にこだわったもののことを指します。

  • ヘッドセットよりも密閉性が高く、細かな音声まで聞き取りやすい
  • 長時間に及ぶゲームプレイでも疲れづらいよう装着感にこだわっている
  • 髪が潰れないなど、手軽に取り回せる

ゲーミングイヤホンをゲーミングヘッドセットと比較すると、音質そのものが劣っていたり、音の定位が掴みづらいというデメリットが度々挙げられます。しかし、店舗での試聴や手持ちの製品での検証を重ねた結果、これは事実とは少し異なっていると思ったので、以下にてお伝えします。

ゲーミングヘッドセットの方が良い?

よく「ゲームをプレイするならばゲーミングヘッドセットの方が良い」と言われがちですが、実際はそれぞれに明確なメリットがあります。ゲーミングヘッドセットは耳全体を覆うことから、音の鳴った位置が正確に分かりやすい(=音の定位が掴みやすい)ことは真っ先に伝えておきたいポイント。また、それぞれを同価格帯の製品と仮定すると、音圧の面で優れたパフォーマンスを発揮する傾向にあります。

一方で、ゲーミングイヤホンは音を一点から発するという性質上、音の定位の掴みやすさはやや劣るものの、慣れると音が鳴った方向や距離を正確に認識できます。また、密閉性に優れているので、細かな効果音を聞き逃しづらいうえに、ゲームへの没入感が得られやすく、集中力が切れづらいという利点があります。ゲーム内の細かな音を正確に聞き取りやすいよう、各音域がフラットになるように調整されています。

個人的には、数千円から一万円前半までの同価格帯の製品であれば、全体的なパフォーマンスはそこまで変わらないという印象を受けました。ゲームプレイ中に細かい音まで聞き分けられるかという点では、密閉性の高いゲーミングイヤホンに軍配が上がります。一方で、音の定位の掴みやすさはゲーミングヘットセットの方が長けていると思います。

【2019年最新版】ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

ゲーミングヘッドセットおすすめ10選

FPSやMOBAなどのe-sportsタイトルに最適なゲーミングヘッドセット

ゲーミングイヤホンの選び方

FPSやMOBAなどのe-sportsタイトル(対人ゲーム)で重要となるのが、敵の足音や銃声など「ゲーム内の効果音を正確に聞き取れるか」という点です。それ以外にもさまざまなポイントがあるので、ゲーミングイヤホン選びで失敗しない選び方を詳しく解説していきます。

1. 音響機器メーカーかゲーミングブランドの製品を選ぶ

ゲーミングイヤホンを購入する際は、必ず音響機器メーカーかゲーミングブランドの製品を選ぶことをオススメします。

理由としては、ゲームの音声を聞き取りやすいフラットな音質のものを手に入れてほしいからです。ゲームで一切の恩恵を得られないのであれば、手持ちの一般的なイヤホンを使用しても変わりはありません。そういった事態を避けるため、これまでにゲーム関連のオーディオ製品を手掛けた実績のあるブランド、あるいは音響機器メーカーの製品を選ぶことを強くオススメします。餅は餅屋、という言葉の通りです。

イヤホンを含むオーディオ関連機器というジャンルは、こだわればこだわるほど上位機種へと辿り着き、お金を掛けようと思えばいくらでも掛けられる世界です。ゲーミングイヤホンの相場は数千円から一万円となっています。この価格帯を音響機器としてのイヤホン市場に置き換えると、エントリーユーザーからミドルレンジモデルに位置します。個人的には、明確な「アタリ」と「ハズレ」が存在する価格帯だと思っています。

いわゆる「中華製」と呼ばれる、出所が分からない実績を持たないメーカーのゲーミングイヤホンを購入するのは”賭け”のような行為です。手持ちの一般的なイヤホンと何ら変わらない可能性が高いとすら言えてしまいます。一部のサイトでは、そういったものがおすすめ製品として並べられていますが、ゲーミングイヤホン選びで失敗したくない方は必ず避けるべきです。

なお、本稿で紹介するゲーミングイヤホンはすべて、筆者が所持しているもの、あるいは店舗で試聴した製品となります。

2. 音質、音の定位の掴みやすさについて

あらゆる製品を試してきた結論として、音質に関しては「全音域がフラットに鳴るもの」が最もオススメできると思いました。いわゆるモニタリングイヤホンのような、高音域から低音域まで、全ての音域を聞き取りやすいよう調整されているものがFPSに適しています。ユーザーによって好き嫌いが分かれづらいですし、サウンドカードやソフトウェアでイコライザー調整しても違和感が出づらいです。

とはいえ、例外も存在します。例えば、Razer製のゲーミングイヤホンをPCに接続すると、高音域が非常に強く鳴るので、耳に刺さると感じる方が大多数だと思います。これは私の主観ではなく、実際にインターネット上で公開された多くのレビュー記事が証明しています。この意図としては、サウンドカードやソフトウェアによってイコライザーを調整することを前提として、あえてイヤホン側で音質の矯正をせず、あくまで自然に鳴るように設計されているのだと思われます。

ちなみに、いずれかのRazer製品を購入すれば、シリアルコードの入力で「Razer Surround Pro」ソフトウェアを無償で利用可能となります。ソフトウェア内でイコライザーの調整を行えば、音質に劇的な変化が見られ、ゲーム音声が細かな部分まで聞き取りやすくなります。

また、音の定位の掴みやすさは、音質と非常に密接な関係にあります。イヤホン自体の音質が聞き取りやすいと、わずかに異なる角度から鳴った音の細かなディテールを聞き分けたり、音の大きさによって鳴った場所の距離を判断しやすいです。こういった部分も加味したうえで、ゲームの細かな音を聞き分けやすいゲーミングイヤホンを選定しましょう。

3. 密閉型か開放型か

密閉型イヤホンはカナル式イヤホンとも呼ばれており、おそらく普段使っているであろう一般的なものです。遮音性が高いので周囲の音が聞こえづらい設計で、耳をほぼ完全に塞ぐことから、ゲーム内の効果音をしっかり聞き取ることができます。その密閉感から、長時間にわたって音を聞き続けると耳が疲れやすいというデメリットがあります。しかし、そもそもゲーミングイヤホンは長時間のゲームプレイを前提に設計されているので、そこまで心配する必要がありません。

聞き慣れないであろう開放型イヤホンとは、耳を完全に密閉しない設計のもの。装着する側の反対部分から音をあえて漏らすことで、臨場感を大きく感じられるのが特徴です。音漏れそのものがデメリットとも言えますが、長時間にわたって音を聞き続けても疲れづらく、臨場感からゲームへの没入感が増します。設計上、密閉型イヤホンよりも大型のドライバーを採用できるので音質が良いことも魅力ですが、今のところゲーミングイヤホンでは開放型を採用している製品は存在していないです。

ゲームへの集中力が増すことから、密閉型イヤホンを選ぶことをオススメします。

4. 有線接続・無線接続

イヤホンの接続方式は2種類あります。パソコンやゲーム機器に3.5mmジャックで接続する有線接続と、Bluetoothを使ってワイヤレスで接続する無線接続の2種類があります。基本的には有線接続のゲーミングイヤホンをオススメします。

無線接続のイヤホンを選ぶメリットとしては、ケーブルが無いので取り回しが楽で、ゲームプレイの邪魔になりづらいことが挙げられます。しかし、音が映像に比べて少し遅れて聞こえてくる音ズレの問題が発生する可能性があるので、信頼性の高い音響機器メーカーかゲーミングブランドから購入することが絶対条件です。音がズレてしまうことは、ゲーム内の効果音が重要となるFPSやTPSでは致命的です。

ちなみに、PCやコンシューマー向けの無線接続ゲーミングイヤホンの需要は十分にある現状ですが、無線接続のゲーミングイヤホンはBluetooth接続のものに限られているので、スマートフォン機器でしか使用できません。

5. ボイスチャット用マイクの有無

FPSプレイヤーの中には、ボイスチャットを用いて友人と一緒にゲームをプレイするという方が多いのではないでしょうか。ゲーミングイヤホンにもマイクを搭載している製品は多いです。しかし音質はあまり期待できるものではありません。あくまで声を正確に聞き取れるレベルと考えた方がいいでしょう。

PC、PlayStation 4、Nintendo Switch、スマートフォンといったデバイスを問わずに使い回せるので、マイクが搭載されているに越したことはありません。ただし、マイクの有無によって価格もやや変わってきます。限られた予算内で音質を重視する方には、マイク非搭載のイヤホンをオススメします。

PCでゲームをプレイしていてマイクの音質にこだわりたいという方は、USB接続もしくはオーディオインターフェース経由で接続するマイクの導入を推奨します。

ゲーミングイヤホンおすすめ10選

ゲーミングイヤホンの選び方について詳しく解説したところで、以下からはおすすめのゲーミングイヤホン10製品をご紹介します。前述の通り、本稿では筆者が所持している製品、あるいは店舗で試聴したものの中から、ゲームの細かな音まで聞き分けられる、FPSをはじめとしたゲーミングに適した機種をピックアップしています。

2019年6月… 実店舗で音響機器メーカーのイヤホンを含んだ約30製品を試聴してきたので、大幅に内容を更新しました。『PUBG』の録画を音声のみ切り抜いてスマートフォンに保存し、実店舗でスマートフォンとイヤホンを繋いで聞き比べてきました。

装着感抜群の特許取得済イヤーチップ採用HyperX Cloud Earbuds

HyperX Cloud Earbuds
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石ダイナミック14mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:65Ω接続:3.5mmシングル4極(1.2m)マイク:全指向性、100~6,300Hz重量:19g備考:特許取得済のシリコン製イヤーチップ価格:6,980円 (本稿執筆時点)

「HyperX Cloud Earbuds」は、ゲーミングヘッドセット市場でベストセラー製品を多数輩出するHyperXが発売した、ブランド初のゲーミングイヤホンです。最大の特徴は、特許取得済みのシリコン製イヤーチップを採用している点。耳への密着感が抑えられており、長時間のゲームプレイも快適にこなせます。完全に耳にはめ込むタイプではないので、密閉性はやや劣ります。

音質の傾向はHyperXならではの全音域がフラットになるタイプで、ゲーム内のさまざまな効果音を正確に聞き取ることができます。一万円を超える価格帯のイヤホンと比較すると、全ての音が奥に埋もれている気がしますが、これが6000円台で手に入ると考えれば非常に優秀です。

FPSプロゲーマー使用率の高いBose QuietComfort 20

Bose QuietComfort 20
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:-周波数帯域:-インピーダンス:-接続:3.5mmシングル4極マイク:搭載重量:-備考:ノイズキャンセリング機能価格:29,160円 (本稿執筆時点)

「Bose QuietComfort 20」は、FPSプロゲーマーの使用率が非常に高く、海外ハードウェアレビュアーもゲーミング用途に一押ししているモデルです。数千円から一万円前後のモデルと比べるのが惜しいほど音の解像度が素晴らしいです。それゆえに音のディテールを聞き分けることで、定位の掴みやすさも実現しています。ノイズキャンセリングによる遮音性が非常に高く、とにかく集中してゲームの音声を正確に聞き取ることができます。

有名音響メーカーの高解像度イヤホンゼンハイザー IE40 Pro

ゼンハイザー IE40 Pro
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石ダイナミック型周波数帯域:10Hz~18,000Hzインピーダンス:20Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:非搭載重量:18g価格:13,570円 (本稿執筆時点)

世界的な音響メーカーSennheiser(ゼンハイザー)は、ゲーミングヘッドセットを積極的に展開しているものの、ゲーミングイヤホンは未だ発表されていません。この「Sennheiser IE40 Pro」は、サウンドクリエイターが正確に音を聞き分けるために設計されたモニターイヤホンです。全音域フラットかつ高解像度なサウンドで、一部の音が潰れたり強調されすぎることはなく、ゲーム内で鳴った音のディテールを聞き分けやすいです。

単なるオーディオ機器としても非常に評価の高いモデルです。ゲーミングイヤホンと比較すると価格が張ることがネックですが、音質の良さを求める方ならば、その価値は十分にあります。イコライザー調整後の音の鳴り方も忠実で、同ブランドのゲーマー向けUSB接続サウンドアンプ「GSX 1000」との相性が抜群です。

イヤホン市場の超定番製品SHURE SE215

SHURE SE215
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:シングルダイナミック周波数帯域:22Hz~17,000Hzインピーダンス:17Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:搭載重量:30g備考:SHURE掛け(耳掛け)対応価格:10,887円 (本稿執筆時点)

耳の裏にコードを回すようにイヤホンを装着することを「シュア掛け(耳掛け)」と呼ぶのは、音響機器メーカーSHUREが由来となっています。エントリーモデルの「SHURE SE215」は1万円前後の価格帯ながら、イヤホンの定番製品として高い人気を誇ります。また、ジャンルの境界を越えて多くのプロゲーマーが使用するモデルでもあります。

音質に関しては低音が少し強めですが、全音域が紛れずにハッキリと聞き取れます。最大の魅力は遮音性の高さに優れていることで、ゲーム内の細かな音を正確に聞き取れますし、ゲームへの没入感・集中力を増してくれます。

ゲーミングイヤホンの定番製品とも言えるRazer Hammerhead Pro V2

Razer Hammerhead Pro V2
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ダイヤフラム10mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:32Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:無指向性、50~10,300Hz重量:19.6g価格:8,747円 (本稿執筆時点)

世界的なゲーミングデバイスメーカーRazerから発売されている「Razer Hammerhead Pro V2」は、ゲーミングイヤホンの定番とも言える製品です。Proは、スマートフォンなどのモバイル機器でも使用できるマイク付属モデルです。

音質の傾向は”原音に忠実”で、やや高音に寄ったサウンドです。しかし、Razerが提供するソフトウェア「Razer Surround Pro」(いずれかのRazer製品を購入してシリアルコードを入力すると無償でダウンロード可能)を導入してイコライザーを調整すると、見違えるほどの音質に返り咲きます。ソフトウェアやサウンドアンプを使用している方にオススメです。

Razer Hammerhead V2
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ダイヤフラム10mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:32Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:未搭載重量:18.4g価格:6,270円 (本稿執筆時点)

上記で紹介したRazer Hammerhead Pro V2からマイクを取り除き、低価格となった単機能モデルが「Razer Hammerhead V2」です。マイクが不要だという方はこちらを選択することをオススメします。

ヘッドセットのように着用できるRazer Ifrit

Razer Ifrit
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:-周波数帯域:-インピーダンス:-接続:3.5mmシングル4極/USBマイク:未搭載重量:-備考:USB接続オーディオエンハンサー付属価格:15,980円 (本稿執筆時点)

「Razer Ifrit」はまるでヘッドセットのように装着できる、ストリーマー・実況者向けを謳ったゲーミングイヤホンです。耳から頭の後ろにかけて固定するタイプで髪型が崩れず、いつでも手軽に使えるのがメリット。USB接続のオーディオエンハンサーが搭載されており、PC接続の際は音声チャットのノイズを削減できます。

上記2製品と同様、Razerイヤホンの傾向として高音が強めに鳴るので、こちらもソフトウェアやサウンドアンプによるイコライザー調整が可能な方にオススメです。

ゲーミングブランドのSHURE掛け対応機ROCCAT Score

ROCCAT Score
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:デュアル (ネオジム磁石10mm径、6.8mm径)周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω、12Ω接続:3.5mmシングル4極(1.4m)、デュアル3極(19cm)マイク:50Hz-12kHz重量:19.5g価格:8,394円 (本稿執筆時点)

10年以上の歴史があるドイツのゲーミングデバイスメーカーROCCATから「ROCCAT Score」。こちらはSHURE掛け(耳掛け)に対応しており、装着感に優れつつ移動中も外れづらいのがメリット。PCやPlayStation 4などの据え置きだけでなく、スマートフォンなどのモバイル機器にも最適なゲーミングイヤホンです。

低音用の10mm径、中低音用の6.8mm径のデュアルドライバーを搭載しており、それぞれの音域が聞き取りやすいよう調整されています。音質についてはドンシャリ気味で、ゲーム内の重要なサウンドを聞き逃しづらいチューニングと言えるでしょう。7種類の豊富なイヤーチップが付属している点も嬉しく、中でもウレタン製のものは密着性が高くてオススメ。

対応機器が幅広く使い回しが容易ROCCAT Aluma

ROCCAT Aluma
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:ネオジム磁石8mm径周波数帯域:20Hz~20,000Hzインピーダンス:16Ω接続:3.5mmシングル4極/デュアル3極マイク:無指向性重量:34g価格:5,744円 (本稿執筆時点)

同じくROCCATの「ROCCAT Aluma」は、他製品と大きく異なった特徴は無いものの、PC/Mac/モバイル機器/飛行機内でも使用可能という幅広い対応機器を謳ったゲーミングイヤホンです。フラットタイプのケーブル採用、高い耐久性を誇るアルミ製ボディ、6種類のイヤーチップ付属など、その他の仕様も申し分無し。

音質はやや高音が強めで、原音に忠実であると印象を受けます。FPSでは足音や銃声などを正確に聞き取ることができるセッティングです。専用ソフトウェアはありませんが、別途ソフトウェアを導入してイコライザー調整を行えば、ユーザーそれぞれの好みにあった音響へアップグレードできるでしょう。

ハイレゾ対応ゲーミングイヤホンXROUND AERO

XROUND AERO
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:-周波数帯域:20Hz~40,000Hzインピーダンス:20Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:全指向性、50-10,000kHz重量:18.4g価格:11,299円 (本稿執筆時点)

一万円台でハイレゾに対応した「XROUND AERO」はクラウドファンディング発のゲーミングイヤホンです。音質の傾向は、ゲームで重要な低音域~中域が前面に、高音域がやや奥にこもった感じです。ほとんどのFPSタイトルで効果音を正確に聞き取りやすく、定位も掴みやすいのかなと思います。

同ブランドのバーチャルサラウンド対応アンプ XPUMP との相性を考えて設計されたゲーミングイヤホンですので、そちらと併用することをオススメします。

世界で活躍する野良連合『R6S』部門 使用モデルaudio-technica ATH-E70

audio-technica ATH-E70
タイプ:インナーイヤー型ドライバー:低中高3基のバランスド・アーマチュアドライバー周波数帯域:20Hz~19,000Hzインピーダンス:39Ω接続:3.5mmシングル4極マイク:非搭載重量:-価格:51,580円 (本稿執筆時点)

今や世界で活躍するプロゲーミングチーム 野良連合 『Rainbow Six Siege』部門の選手が使用しているイヤホンがこちら。音響機器として高級イヤホンに分類されるモデルです。私たちにとってはオーバースペックかもしれませんが、予算に余裕のある方は試してみてもいいのかもしれません。

併せて導入したいUSB接続サウンドカード

本格的なゲーム環境を整えたい場合、サウンドカード(サウンドアンプ)によって音質を向上させることをオススメします。これは決してイヤホンでは力不足だからという訳ではなく、ヘッドフォンやヘッドセットでも導入することを推奨しています。

イヤホンやヘッドフォンをPCやPlayStation 4、スマートフォンなどに直接繋いだ場合、デバイス本来が出力できるオーディオ品質に留まってしまいます。サウンドカードやサウンドアンプを挟むことによって、オーディオ品質を格段に向上させることができます。

Sennheiser GSX 1000

Sennheiser GSX 1000
ヘッドフォン再生周波数帯域:0-48,000Hz推奨インピーダンス:16-150ΩAUX再生周波数帯域:1.5-48,000Hzコネクタ:USB(PC側)、3.5mm×3(ヘッドセット、マイク、スピーカー)対応機種:PC、Mac価格:19,336円 (2019/4/7時点)

BenQ Zowie Vital

BenQ Zowie Vital
ヘッドフォン再生周波数帯域:-推奨インピーダンス:-AUX再生周波数帯域:-コネクタ:USB(PC側)、3.5mm×3(ヘッドセット、マイク、スピーカー)対応機種:PC、Mac価格:24,980円 (2019/4/7時点)

Logicool ASTRO MixAmp

Logicool ASTRO MixAmp 2018年版
ヘッドフォン再生周波数帯域:-推奨インピーダンス:-AUX再生周波数帯域:-コネクタ:USB(PC側)、3.5mm×2(ヘッドセット、AUX)対応機種:PC、Mac、PlayStation 4価格:18,025円 (2019/4/7時点)
Logicool ASTRO MixAmp 2019年版
ヘッドフォン再生周波数帯域:-推奨インピーダンス:-AUX再生周波数帯域:-コネクタ:USB(PC側)、3.5mm×2(ヘッドセット、AUX)対応機種:PC、Mac、PlayStation 4価格:18,407円 (2019/4/7時点)

XROUND XPUMP

XROUND XPUMP
ヘッドフォン再生周波数帯域:-推奨インピーダンス:-AUX再生周波数帯域:-コネクタ:USB(PC側)、3.5mm×1()対応機種:PC、Mac、PlayStation 4価格:11,729円 (2019/4/7時点)

最後に

おすすめのゲーミングイヤホン10製品と、音質を向上させるサウンドカードを紹介してきました。音にこだわらずにゲームをプレイしている方も多いと思いますが、ゲームの効果音を正確に聞き取れるゲーミングイヤホンを使用することで、パフォーマンスの向上も期待できます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Profile image
執筆者
ゲーミングデバイスレビュアーとして活動しています。
運営者についてもっと詳しく知る
お問い合わせはこちらから
 2019年7月6日