DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

【PUBGの動作を軽くする】平均fpsを上げるWindows/Steam/NVIDIAでの設定方法

【PUBGの動作を軽くする】平均fpsを上げるWindows/Steam/NVIDIAでの設定方法

一般的にPCゲームは平均fpsが60以上であれば快適に動作していると言えます。これはPUBGでも同様で、60を下回る数値ではカクつきが気になってしまう。

そこで当記事では、PUBGの平均fpsを上げる(=動作を軽くする)ための設定方法を片っ端からまとめてみました。ゲーム内の設定を下げる以外にも手段はあるので、安心して読み進めてみてください。

PUBGを平均60fps以上で動作させる

PUBGの平均fpsを上げるための色々な設定をする前に、まず確認してほしいことを挙げておきます。

必要動作環境

PUBGを平均60fps以上でプレイするためには、画質を下げるなど様々な設定をするとしても、以下のPCスペックが最低限必要となります。中々のものを要します。特に重要なのがCPUGPU(グラフィックボード)となります。

CPU Core i5-4690
メモリ 8GB 以上
GPU NVIDIA GTX 1050Ti 以上
ストレージ SSD 120GB

あなたのPCがこれ以上のスペックであれば、設定次第では平均60fps以上で動作すると思われます。しかし様々な要因で下回ることもあるのでご注意を。

スペックが比較的低いPCでPUBGを動作させた際の設定やfps値を解説しているので、よければ参考にしてみてください。

PUBGの動作を軽くする設定方法

以下からはさっそく、PUBGの平均fpsを上げる設定方法を紹介していきます。ゲーム内(PUBG),Windows,Steam,NVIDIA と大きく分けて4箇所での設定が必要となります。順番に見ていきましょう。

PUBGでの設定

まずは一番重要となる、PUBGゲーム内での設定を行っていきます。

設定 > グラフィック の赤枠で囲んだ項目を変更していきます。

f:id:deepeequepee:20170925144611p:plain

手っ取り早く設定したいという方は、全て非常に低いに変更してみてください。別記事にて、各項目にどのような効果があるのかをより詳細に解説していますので、気になる方はそちらを参考にして設定してみてください。

次に、設定 > ゲームプレイ の赤枠で囲んだ項目を全てオフにしてください。

f:id:deepeequepee:20170925144624p:plain

これはゲーム中にI,Tabキーを押してアイテム欄を開いたときの表示を簡素にする項目です。

あまりスペックが高くないPCでPUBGをプレイしている方にありがちな、アイテム欄を開いたときに固まる!という現象は、この設定によって改善されるかもしれません。

Windowsの設定

  1. PUBGをインストールしたフォルダを開く
  2. TslGame.exeを右クリック、プロパティを開く
  3. 互換性タブをクリック、高いDPIスケールの動作を上書きしますにチェックを入れる

f:id:deepeequepee:20170925151337p:plain

PUBGのインストールフォルダの場所が分からない人へ

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\PUBG\TslGame\Binaries\Win64

環境によって、「高DPI設定では画面のスケーリングを無効にする」など表記が違ってくる可能性がありますが、2行目に「実行元:」のような表記があれば、その欄と思ってもらって構わないです。ただしこの設定はPUBGがアップデートされるたびに行う必要があります

Steamの設定

  1. Steamからライブラリを開きPUBGを右クリック、プロパティを開く
  2. 起動オプションを設定 をクリック
  3. 以下の文字列をコピーペーストしてOKをクリック

-malloc=system -sm4

※使っているPCのメモリが8GB以下の場合は、こちらにした方がよい

-malloc=system -sm4 -lowmemory

この設定により室内の影エフェクトを抑えることができ、FPSが向上する可能性があります。

Nvidiaの設定

  1. デスクトップを右クリック、Nvidiaコントロールパネルを開く
  2. 左のメニューより3D設定の管理をクリック、以下のように設定

f:id:deepeequepee:20170601131248p:plain

f:id:deepeequepee:20170601131251p:plain

※GPU(グラフィックボード)自体の設定が変更されるので、全てのゲームで適用されてしまいます。他のゲームをプレイする際に画質設定にこだわっている方は、PUBGをプレイする時のみ設定するなどの工夫が必要です。

.iniファイルは弄らない

「.iniファイルを弄れば軽くなる」と紹介されていることがありますが、あまり変化が無かったり、逆に動作が不安定になる現象も見られるので触らないことを推奨します。

※2017/09アップデートによって.iniファイルの変更が制限されました。現在は編集が不可能です。

改善されない場合の対処法

Chromeなどのブラウザや、不要な常駐ソフトはできるだけ切りましょう。できるだけCPUやメモリの使用率を抑えた状態でPUBGをプレイすることで、平均fps値が安定する可能性があります。万が一改善されない場合、PCスペックが不十分であることが考えられます。

こちらの記事では、各グラフィックボードのベンチマークの結果からPUBGを快適にプレイできるPCスペックを検証していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント

*

Return Top