【PUBG】新武器「DP-28」の性能や使い方、使いどころなどを詳しく解説したガイド

【PUBG】新武器「DP-28」の性能や使い方、使いどころなどを詳しく解説したガイド

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』アップデート1.0にて新たに追加されたライトマシンガン「DP-28」の使い方を解説したガイドが公開されました。

以下では内容を翻訳してまとめています。

ガイド動画

ガイド内容まとめ

このガイド動画のコンテンツは以下の通りです。
[aside type=”boader”]

  • DP-28の基本性能
  • どんな使い方をするべきか
  • どのような場面で使うべきか
[/aside]

DP-28の基本性能

新ライトマシンガン「DP-28」の基本性能は、

使用する弾薬 7.62mm
装弾数 47
射撃方法 フルオートモードのみ
基本威力 48
アタッチメント サイト系のみ(レッドドット/ホロ/2xスコープ/4xスコープ)
零点距離 100m ~ 1,000m

連射速度・弾速についてのデータはありませんが、その他の7.62mm弾薬を使用する武器と比較すると遅め。

アタッチメントはサイト系のみ取り付けることが可能で、レッドドットサイト/ホロサイト/2xスコープ/4xスコープの4種に対応しています。

どんな使い方をするべきか

  • 「DP-28」には等倍スコープ(レッドドットサイト/ホロサイト)が適している
  • 最初の5発までの反動が少なく、近距離での戦闘に適している
  • 倍率スコープを使うとリコイル制御が難しいが、中距離であれば対応できる
[aside type=”normal”]変更後の4倍スコープについて

新しい4倍スコープで100~300m離れた敵を撃つ場合、この画像の通りに狙うだけで命中させられます。[/aside]

どのような場面で使うべきか

  • 「DP-28」は30~300mでの撃ち合いに使用するべき
  • 30~200mはレッドドットサイトかホログラフィックサイト
  • 100~300mは4xスコープ

[aside type=”warning”]「DP-28」は発射速度と弾速が遅いので、30m以内の撃ち合いには適していません。アサルトライフルやサブマシンガン、ショットガンなど他の武器を使いましょう。[/aside]
Profile image
執筆者
ゲーミングデバイスレビュアーとして活動しています。
運営者についてもっと詳しく
お問い合わせはこちらから

コメントする

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)