Logicool(ロジクール)のゲーミングマウスおすすめ6選。人気モデルの比較も

Logicool(ロジクール)のゲーミングマウスおすすめ6選。人気モデルの比較も

本稿では、Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスをご紹介します。

Logicoolのゲーミングマウスにはさまざまな種類があり、どれを選ぶのが良いか分からないという方も多いと思います。その豊富なラインナップの違いを、有線・無線モデルに分けて詳しくご紹介します。また、筆者がオススメするモデルの比較レビューもお届けします。

Logicoolの特徴

ロジクールのゲーミングマウスは種類が多いうえ、同じモデルの仕様を一部変更するなどして、再び新製品として発売されることがあります(例:Logicool G502 RGB→ Logicool G502 HERO→ Logicool G502WLなど)。

これはいわゆるリネーム商法とは異なり、PixArt社のセンサーから自社製のセンサーに刷新されたり、ケーブルが取っ払われてワイヤレス化したりと、それぞれで明確なアップデートが実施されています。以下から、ロジクールが人気を博している理由とも言える、2つの独自技術をご紹介します。

1. 独自開発センサー「HERO」

ロジクールの最新ゲーミングマウスは、自社で独自開発したセンサー「HERO」を搭載しています。中でも、ハイエンド機に搭載される「HERO 16K」センサーは、低DPIから高DPIまで安定したトラッキング性能を備え、リフトオフディスタンス(LoD)も短いです。

また「HERO」センサーの電力効率は従来の10倍以上となっており、無線ゲーミングマウスのバッテリー持続時間を高める

2. 独自のワイヤレス技術「LIGHTSPEED」

さらにロジクールの無線ゲーミングマウスには、独自のワイヤレス技術「LIGHTSPEED」が備わっています。これは従来の無線技術よりも遅延が少なく安定したパフォーマンスを発揮するもので、クリック応答速度は有線マウスよりも速いというデータを公開しています。

昔は「ゲームに無線マウスなんて有り得ない」という考えが一般的でしたが、現在ではロジクールの無線ゲーミングマウスを使用するプロゲーマーも大勢いるほど。中でも「Logicool G PRO Wireless」は非常に使用率が高く、ゲーマーからの評価も高いです。

Logicoolゲーミングマウスの選び方

1. FPSやMOBAの対人ゲームに使う場合

使用用途によってゲーミングマウスに求められる性能は異なります。

FPSやMOBAなどの対人ゲームならば、数ミリ単位の正確なカーソル操作・素早いクリック応答速度を求められます。マウスを動かした通りにセンサーが反応してカーソルが正確に移動したり、クリックしてから反応するまでが素早いゲーミングマウスこそ、対人ゲームで有利に立てます。

一方でMMORPGをプレイしたり作業と併用したい場合、ボタン数や配置などで選ぶことをオススメします。

ロジクールのゲーミングマウスはソフトウェアに対応しており、各ボタンにキー・マクロを割り当てられるので、そのあたりは心配無用。

2. 形状と大きさ、本体重量

ゲーミングマウスを選ぶ際には必ずチェックしておきたいのがサイズ感と重たさ

実は、マウスの形や大きさが少し違うだけでも、握ったときの感覚は全く違ってきます。例えば、その他が同じ寸法でも幅だけが数ミリ異なると、手に合わないと感じることもあります。また、持ちやすいと感じる形状はマウスの持ち方によって変わります。

  • ① マウス全体を手で覆うように持つ「かぶせ持ち
  • ② 手のひらをマウス本体に預け、その他の指でつかむように持つ「つかみ持ち
  • ③ 手のひらをマウス本体につけず、親指・薬指・小指の3本でつまむように持つ「つまみ持ち

ゲーミングマウスは80g~120gあたりがよく見られる重量ですが、重たさの好みは人によって大きく分かれます。ちなみに、最近は60g台の超軽量ゲーミングマウスが流行していますが、今のところロジクールはそういった類の製品は発表していません。

自分に最適なゲーミングマウスを見つけるには、とにかく試してみることです。実際にゲーミングマウスを握り、ゲームをプレイして戦績を確認する以外に、自分に合っているのか確認する方法はありません。

3. ロジクールならばワイヤレスも選択肢の一つ

パソコンにUSBなどで接続する有線ゲーミングマウスは「ケーブルを通して電力供給するので遅延が少なくパフォーマンスが安定する」というのが少し前までの常識でした。しかしロジクールは、優れた無線技術「LIGHTSPEED」および省電力な「HEROセンサー」によって、無線ゲーミングマウスを一般化させました。

ですので現状は有線ゲーミングマウス一択という訳ではなく、ワイヤレスも選択肢に挙がってきます。ms単位の反応速度で戦うプロゲーマーもロジクールの無線ゲーミングマウスを採用していることが、何よりの信頼性が高いことの証明になっているかと思います。

ゲームプレイにおける「ゲーミングマウスの操作感」は非常に重要で、ケーブルの有無によって大きく違いが出ます。やはり、ケーブルの重たさや抵抗感を全く感じない無線ゲーミングマウスは快適です。ただし、ケーブルが硬い有線ゲーミングマウスでも、マウスバンジーを使うことである程度は操作感を改善することが可能なので、好み次第で選んでしまってOK。

おすすめのLogicoolゲーミングマウス

Logicool G PRO Wireless

  • 接続方式: ワイヤレス (最大48時間バッテリー持続)
  • サイズ: 幅63.5 全長125.0 高さ40.0mm (中型)
  • 本体重量: 80g (非常に軽い)
  • センサー: HERO 16K (非常に良い)
  • リフトオフディスタンス: 0.9mm前後 (短い)

個人的な神マウス。無線マウスは、本体にバッテリーを内蔵する関係で重たくなりがちですが、G Pro Wirelessは80gの軽量設計です。さらに、大きすぎない中型サイズ、癖の少ないシンプルな左右対称型の形状は、あらゆる持ち方に柔軟に対応します。

FPSプロゲーマーの使用率が高いことからも、オールジャンルに通用する万人向けゲーミングマウスと言えます。ただし唯一の懸念点として、価格が高いことが挙げられます。

価格:16,800円~ (本稿執筆時点)

Logicool G403 (G703)

  • 接続方式: 有線
  • サイズ: 幅68.0 全長124.0 高さ43.0mm (中型)
  • 本体重量: 90g+10g (やや軽い)
  • センサー: HERO 16K (非常に良い)
  • リフトオフディスタンス: 1.0mm前後 (短い)

かぶせ持ちで抜群のフィット感を得られる、いわゆるIE3.0クローンの左右非対称型。G403のエルゴノミクスデザインはロジクールの中でもかなり人気です。10gの錘を付け外して重量をカスタマイズ可能(90g+10g)で、ある程度ユーザーの好みに合わせたセッティングが可能となっています。

G403と同じ形状で無線モデルの「Logicool G703」も発売されています。ただし重量が95gと、G403と比べて5g重たくなっています。そこを許容できる方であれば、個人的にはG703の方がオススメ。

価格:7,020円~ (本稿執筆時点)

Logicool G Pro HERO (G304)

  • 接続方式: 有線
  • サイズ: 幅62.15 全長116.6 高さ38.2mm (小型)
  • 本体重量: 83g (軽い)
  • センサー: HERO 16K (非常に良い)
  • リフトオフディスタンス: 1.0mm前後 (短い)

種類が比較的少ない「小型軽量ゲーミングマウス」の選択肢として真っ先に挙げられるのがG Pro HERO。筆者のような一般的な手の大きさ(18.5×9.5cm)でも快適ですし、もちろん手が小さめの方にオススメ。同スペック帯では比較的手が出しやすい価格設定。

同じ形状で無線モデルの「Logicool G304」は、本体重量は99g(バッテリーとして単三乾電池が必要)とG Pro HEROよりもかなり重ため。ケーブルの煩わしさを感じたくない方は検討する価値あり。

価格:6,545円~ (本稿執筆時点)

番外編: Logicool G502は特定用途でオススメ

  • 接続方式: 有線 / 無線
  • サイズ: 幅75.0 全長132.0 高さ40.0mm (中型)
  • 本体重量: 121g / 114g (重たい)
  • センサー: HERO 16K (非常に良い)
  • リフトオフディスタンス: – (未所持)

ロジクールのゲーミングマウス定番製品の一つに「Logicool G502」がありますが、実店舗でしか触ったことがないです。購入まで至らなかった理由は、個人的には最低限のボタン数で満足できるのと重たすぎるから。

とはいえ、多ボタンマウスとしては最も優れていると感じます。合計11個のボタン、HERO 16Kセンサーを備え、重量のカスタマイズも可能。『フォートナイト』などの操作量が多いタイトルや、MMORPGで効率化を図りたいゲーマーにとって価値ある選択肢の一つ。

ちなみに有線モデルよりも、後発の無線モデル「Logicool G502WL」の方が7gも軽いです。予算が許すのであればワイヤレス+軽量化の恩恵を受けるべき。

価格:9,714円~ (本稿執筆時点)

最後に

今回は、Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスをご紹介しました。

以下の記事では、ゲーミングデバイスレビュアーとして活動している筆者が、ゲーマーの有力な候補に挙がるであろう優れたゲーミングマウスをまとめてご紹介しています。ロジクール以外も見てみたいという方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • マウス
  • マウスパッド
  • キーボード
  • ヘッドセット
  • モニター
  1. ゲーミングマウス
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングマウス
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. マウスパッド
  13. ゲーミングマウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングキーボード
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ヘッドセット
  2. ヘッドセット
  3. ヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ゲーミングヘッドセット
  6. ヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. 周辺機器・アクセサリ
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ゲーミングヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ヘッドセット
  16. ヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
プッシュ通知を受け取る