DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

【PUBG】チートツールの違法性と危険性について公式から発表、トロイの木馬のようなウィルスが検出

【PUBG】チートツールの違法性と危険性について公式から発表、トロイの木馬のようなウィルスが検出

サービス開始から長期間にわたって不正ツールを使用するユーザーへの対策を展開する『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』ですが、チートツールの違法性と危険性について公式から発表がありました。

報告によると、2018年4月25日に中国でチートツールの開発及び販売をしていた組織から15名の容疑者を逮捕され、そのチートツールからトロイの木馬のような悪性コードが検出されたとのこと。チートツール使用者のPC情報などは、すべてツール開発者に流れていたということになります。以下が公式からの発表文となります。

PUBG チートツールに対する重要なお知らせ

プレイヤーの皆さん、こんにちは。

チートツールを開発/販売/広報/使用する行為は正常にゲームを利用する他のプレイヤーへ深刻な被害を与えることと同時に違法行為になります。

PUBGはこのような不法行為を防ぐために継続的に努力をし、チートツールとの闘いで諦めることはないと宣言します。

最終的にプレイヤーの皆さんがチートツールの被害を受けることのない環境でプレイできることを目標にしています。

この目標を達成するため、ゲームシステムに対する強化及び既存のアンチチートソリューション機能の強化や開発を行っております。

その他チートツール開発者や販売者に対しても広く厳正な対応を行うために継続的に情報を収集し、いくつかのパートナーや司法機関と緊密に協力しています。

2018年4月25日に中国でチートツール開発及び販売をしていた組織から15名の容疑者を逮捕し、そのツールからはトロイの木馬のような悪性コードが含まれ、プレイヤーの情報が盗まれていたことを確認しました。

捜査資料の発表内容の一部抜粋:

「OMG」、「FL」、「火狐」、「须弥」、「炎黄」などのゲームのコアプログラムの開発者や中国の有名代理店などを含む、販売プラットフォーム、代行、コア開発などの主要な容疑者15人を逮捕した。現在、この容疑者に約3000万人民元(約5億円)の支払いを宣告した状態であり、この事件に関わった他の容疑者も継続的に逮捕を進めている。

インターネット上で流通しているいくつかのハッキングプログラムであるHeybox(小黑盒)というトロイの木馬(中国産バックドア)ウイルスを含んでおり、これを活用して、そのコア開発者がリモートでユーザーのコンピュータを制御したり、データスキャンをおこない、不法に情報の抽出など悪用したことを突き止めた。”

これに対してプレイヤーの皆さんにお願いがあります。

長期間、噂として流れていた「チートツール使用者のPC情報が、全てチートツール開発者に流れている」という話が事実であることが確認されており、チートツールを使用することは他のプレイヤーに被害を与えるだけではなく、自身の情報も全て、他者に流出してしまう事を心に留めてください。

今この瞬間にもPUBGはチートツールとの熾烈な戦いを国内、外で継続しており、今後もチートツールの根絶と快適でフェアなPUBGの楽しさを提供できるよう、決して休まずに最善を尽くします。

ご覧いただきましてありがとうございました。

情報元:DMM GAMES

コメント

*

Return Top