全PCゲーマーの30%が「バトル・ロワイヤル」をプレイしていることが明らかに。『フォートナイト』は16%を記録

全PCゲーマーの30%が「バトル・ロワイヤル」をプレイしていることが明らかに。『フォートナイト』は16%を記録

数あるオンラインゲームの中でも、昨年から大流行を見せる「バトル・ロワイヤル」ジャンル。ある調査によると、全PCゲーマーの30%がバトルロワイヤルのタイトルをプレイしていることが明らかになりました。

全PCゲーマーの30%以上がバトルロワイヤルをプレイ

海外メディアPCGamesNの調査結果によると、先月(2018年2月)はPCゲーマー全体の30.1%が”バトルロワイヤル”ジャンルをプレイしているとのこと。

『フォートナイト』は全PCプレイヤーの16.3%を占め、次いで『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』が14.6%を記録。またDayZ、H1Z1、Ark : Survival Evolvedをはじめとする他タイトルはそれぞれ5%以下とはいえ、一定数のユーザーを獲得しています。

ほとんどのプレイヤーが複数のバトルロワイヤルをプレイしていますが、それらを考慮しても全体の30.1%となります。他のジャンルの例を挙げると、Riot Gamesが手掛けるMOBA『League of Legends』は中国のPCゲーマーの23.3%がプレイしています。

また、バトルロワイヤルはTwitchやYoutubeでも先導しています。TwitchやYoutubeなどの動画配信サービスでは、ユーザーが1日に視聴する時間のうち、『フォートナイト』は17.9%、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は11.8%を保有しています。

これから「バトルロワイヤル」ジャンルがどう成長し、どのような新しいマイルストーンを打ち破ってくれるのか、非常に楽しみです。

情報元:MP1st

Profile image
DPQPはゲーミングデバイスの総合情報サイト。ニュース、リリース、レビュー、プロ・ストリーマーのデバイス使用率などの統計情報を配信しています。
お問い合わせはこちらから

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カバーストーリー / 特集