Razer、自然な明るさに自動調整できる1080p/60fpsおよび30fps/HDR対応のWebカメラ「Kiyo Pro」発表

Razer、自然な明るさに自動調整できる1080p/60fpsおよび30fps/HDR対応のWebカメラ「Kiyo Pro」発表

Razerは、新型のWebカメラ「Razer Kiyo Pro」を発表しました。

「Kiyo Pro」の最大の特徴は、超高感度CMOSセンサーを搭載することで、周囲の明るさを検出し、自動で自然な明るさに調整できること。従来のWebカメラと比べてダイナミックレンジが広く、クリアな映像を映し出すことができます。

非圧縮1080p/60fpsの映像、もしくは30fpsのHDR映像を取り込むことが可能です。

Razer Synapseソフトウェアから画角(FOV)を3段階で調整できます。Webカメラマウントは広い互換性があり、モニターに設置したりデスク上で傾けることができるほか、三脚に取り付けることも可能です。

プライバシーカバーが付属しており、使用していないときにレンズに取り付けることでレンズ保護・プライバシー確保の役割を果たします。

「Kiyo Pro」はRazer公式の直販サイトで販売されており、価格は税抜24,880円。

プッシュ通知を受け取る 
コメントを購読する
通知
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments