Xtrfy、パーツ交換によるサイズ調整が可能な59gの左右対称ゲーミングマウス「Xtrfy M42」を発表

Xtrfy、パーツ交換によるサイズ調整が可能な59gの左右対称ゲーミングマウス「Xtrfy M42」を発表

Xtrfyは新たなゲーミングマウス「Xtrfy M42」を発表しました(海外)。

「Project 4」の新製品として開発されたM42は、M4と同様の5色展開(ブラック、ホワイト、レトロ、マイアミブルー、ピンク)となっており、同シリーズのマウスパッドやマウスバンジー、キーボードと組み合わせることができます。

左右対称形状で、寸法は63 x 118 x 38mm。本体重量は59g(ケーブルを除く)。

最大の特徴はパーツ交換によるサイズ調整が可能な点。本体後部のシェルを取り外すことができる設計で、付属の2種類のパーツから好きなほうを選択して使用できます。画像の下部から、それぞれの形状は全く違ったものとなっていることが分かります。

主なスペックは、PixArt PMW3389センサー、オムロン製スイッチ(2,000万回耐久)、100%PTFEマウスソール、XtrfyEZcordケーブル、RGBライティング搭載など。ソフトウェア不要のプラグアンドプレイ設計で、マウス本体のみで設定が完結します。

M42はXtrfy海外公式サイトで予約注文の受付が開始されており、発売時期は12月初旬を予定しているとのこと。今のところ国内での発売時期・価格については明らかになっていません。続報が入り次第お伝えします。

プッシュ通知を受け取る 
コメントを購読する
通知
guest
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments