ROCCAT、独自の光学式スイッチを搭載した軽量ゲーミングマウス「ROCCAT Burst Pro」とその廉価モデル「ROCCAT Burst Core」を発表

ROCCAT、独自の光学式スイッチを搭載した軽量ゲーミングマウス「ROCCAT Burst Pro」とその廉価モデル「ROCCAT Burst Core」を発表

ROCCATは、ゲーミングマウスの新製品として「ROCCAT Burst Pro」とその廉価モデル「ROCCAT Burst Core」を発表しました(海外)。

Burst Proは、半透明のハニカム構造となった左右対称ゲーミングマウス。サイズは120.0 x 58.0 x 38.7mm。内部がハニカムで表面はフラットとなった独自の設計によって68gまで軽量化されています。

メインスイッチには独自開発の光学式スイッチ「Titan Switch Optical」を搭載しています。馴染み深いクリック感、正確かつ高速なアクチュエーション、1億回のクリック耐久性を謳っています。

そのほか目新しい点として、新開発のパラコードケーブル「PhantomFlex Cable」、ソールには一般的なPTFEソールよりも滑らかという「熱処理グライド」が採用されていることが挙げられます。

センサーはKonePure Ultraなどにも採用されていた、PixArt PMW3389のカスタム品「ROCCAT Owl-Eye 16K」が搭載されています。

その廉価モデルであるBurst Coreは、上位品と同じく新開発の光学式スイッチ「Titan Switch Optical」が搭載され、前面の半透明シェルは採用されていないものの、本体重量は68gと同じです。

一方で、搭載センサーは最大8,500DPI対応のPixArt PMW3331へグレードダウンされています。

Burst ProとBurst Coreの国内発売日や価格は明らかになっていません。続報が入り次第お伝えします。

プッシュ通知を受け取る