Glorious、Invyr Pandaに独自バージョンのステムを組み込んだ「Glorious Holy Pandas」キースイッチの発売を予告

Glorious、Invyr Pandaに独自バージョンのステムを組み込んだ「Glorious Holy Pandas」キースイッチの発売を予告

Glorious PC Gaming Raceは、Invyr Pandaのステムを独自バージョンのものに交換したカスタムキースイッチ「Glorious Holy Pandas」の発売を予告しました。

「Holy Panda」について簡単に説明すると、独特なタクタイル感を特徴とするキースイッチ。これは2種類のスイッチを掛け合わせたもので、具体的にはInvyr Pandaというリニアスイッチのステムを、タクタイルスイッチであるHalo Switchと交換したものです。

(筆者はまだ試したことがないので、これ以上は言及しません。きせのん氏の記事が参考になるので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。)

Glorious Holy Pandasは、Invyr Pandaのステムを独自バージョンのものに交換したキースイッチで、同製品を試した初期のレビュアーいわく「オリジナルのHPs (Holy Panda)よりも優れている」とのこと。

また、打鍵音とタクタイル感はオリジナルと同じものだと記されています。しかしアナウンスの通り、本来のHoly Pandaとは組み込まれるステムが異なるので、完全に同じものであるとは言い難いかと思います。

Glorious Holy Pandasの販売価格は1パック36スイッチ入りで24.99ドルで、1週間前後で先行予約がスタートするとのことです。国内で入手可能となる時期については不明です。

プッシュ通知を受け取る