HyperX、半透明のキーキャップを標準搭載したフルサイズのゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite 2」を国内発売

HyperX、半透明のキーキャップを標準搭載したフルサイズのゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite 2」を国内発売

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

HyperX、Alloyキーボードのラインナップを拡充するAlloy Elite 2メカニカルゲーミングキーボードを発表

台北市、2020年7月27日 – Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperXは本日、同社のAlloyキーボードのラインナップを拡充する、HyperX Alloy Elite(TM) 2メカニカルゲーミングキーボードの販売開始を発表しました。新作となるAlloy Elite 2ゲーミングキーボードでは、オリジナルのAlloy Eliteのデザインを踏襲しつつ、高性能、長寿命、スイッチごとに8,000万回の打鍵耐久性を実現するHyperXレッドリニアメカニカルスイッチを採用しました。クイックアクセスボタン付き専用メディアキーとボリューム調節ホイールが付属します。半透明デュアルレイヤースタイルとブランドを代表するHyperXフォントを備えた、HyperXデザインのプディングキーキャップを使用し、LEDとRGB光の効果を高めています。

HyperX Alloy Elite 2は、LED照明を用いた特徴的なライトバー、キーごとのライト1を備えたダイナミックなRGBライト効果、RGBカラーを採用しています。Alloy Elite 2は耐久性に優れた頑丈なスチール製フレームで構築されています。専用のメディアボタンと大きなボリューム調節ホイール、さらにはクイックアクセスボタンを使用して、明るさ、ライト効果、ゲームモードを選択できます。Alloy Elite 2ではUSB 2.0パススルーを採用し、100パーセントアンチゴースト機能とフルNキーロールオーバー機能も付属します。

HyperXは次のように述べています。
「HyperXプディングキーキャップを搭載した新作のAlloy Elite 2メカニカルキーボードを発表できることを嬉しく思います。Alloy Elite 2はキーごとに8,000万回の打鍵耐久性を誇るHyperXスイッチを搭載し、自由にカスタマイズできるメカニカルゲーミングキーボードをお探しのゲーマーに最適な製品です。」

Alloy Elite 2はHyperXの機能をフル装備したRGBメカニカルゲーミングキーボードの1つであり、頑丈なスチール製フレームのデザインにより、安定した確かな制御が可能になります。直感的に操作できるNGENUITYソフトウェアを使用してライティングと効果をカスタマイズし、鮮やかな色合いを楽しむことができます。HyperX Alloy Elite 2にはキーボードのカスタマイズ用メモリも内蔵されていて、最大3種類の設定を保存できます。さらに、HyperX NGENUITYソフトウェアによる高度なカスタマイズ機能により、キーごとのライト効果、ゲームモード、マクロ設定をユーザーの好みに合わせて設定できます。Alloy Elite 2は、PC、PS4(TM)およびXbox One(TM)と互換性があります。

発売情報
HyperX Alloy Elite 2メカニカルゲーミングキーボードは、HyperXの流通ネットワークを通じて希望小売価格16,980円で販売されます。HyperX Alloy Elite 2の世界での発売情報については、HyperX Alloy Elite 2の製品ページ(https://www.amazon.co.jp/dp/B088KRFVBK)をご覧ください。

HyperX Alloy Elite 2
価格: 16,980円 (本稿執筆時点)
プッシュ通知を受け取る