東プレ、初のマウス「REALFORCE MOUSE」を3月19日頃に発売。”フェザータッチ”が可能な静電容量無接点スイッチを左右クリックに搭載

東プレ、初のマウス「REALFORCE MOUSE」を3月19日頃に発売。”フェザータッチ”が可能な静電容量無接点スイッチを左右クリックに搭載

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

東プレ初の PC 用マウス、REALFORCE MOUSE を発売
世界初、左右ボタンにフェザータッチで指に優しく静音の静電容量無接点スイッチ搭載
オフィスやゲーム向けプロ仕様の高性能センサーを採用

東プレ株式会社(代表取締役社長:内ヶ崎 真一郎 本社所在地:東京都中央区日本橋) は、世界初*1の指に優しい押し心地と静音性を追求したフェザータッチの静電容量無接点スイッチ(左右ボタン)を特徴とする REALFORCE MOUSE を REALFORCE 取扱店にて発売いたします。(2020 年 3 月 19 日頃)価格はオープンプライスです。

マウスの左右ボタンへの採用としては世界初となる静電容量無接点スイッチは、REALFORCE キーボードとして約 19 年の実績を持ち、チャタリング(二重入力)を起こさない構造と高耐久性だけではなく、他のマウスにはないフェザータッチの指に優しい押し心地と静音性を提供します。静電容量無接点スイッチ方式の特徴により、指に強い反発力や振動を与えない優しいクリック感を実現し、指への疲労感を軽減します。

製造は REALFORCE と同様に相模原工場で製造する Made in Japan です。マウスの形状は右手で握りやすい形状にデザインされ、左右の側面に汗などで滑りにくいエラストマー素材を採用。サイドボタンを少し高めに配置することで、親指の配置空間を広く確保、マウスの持ちやすさと握った際にサイドボタンを誤って押しにくいデザインを両立しています。また、マウスの重さは 83g と軽量ながら、本体剛性を高めるため内部は2重ケース構造になっています。

<< REALFORCE MOUSE の特徴 >>

1. フェザータッチと呼ばれる、指に優しく疲れにくい極上のクリック感。東プレ独自の静電容量無接点スイッチはチャタリングを防ぎ、スイッチ押下に関して 5000 万回以上の耐久性と静音性を実現、静電容量無接点スイッチは指に強い反発力や振動を与えない優しいクリック感により、指の疲労感を軽減でき、極上のクリック感を提供します。

2. 高性能センサーとして、プロゲーマーに定評の PixArt PMW3360 センサーを採用。ポインターの追従性と精度を重視するゲーマーや CAD/CAM/CG デザイナーのプロユースに最適です。

3. マウス本体のスイッチでレポートレートと DPI を切り替え可能。レポートレート切り替えスイッチ:125/500/1000 の3段階。DPI 切り替えスイッチ:400/800/1600/3200 の4段階。
※各 DPI は専用のソフトウェアによって 100〜12,000DPI の範囲でカスタマイズ可能です。レポートレートスイッチ DPI 切り替えスイッチ REALFORCE MOUSE ソフトウェア画面

4. 操作性を追求するために直径 2.8mm の極細ケーブルを採用。マウスから出るケーブルの付け根を上側へと浮かせることで、ケーブルの接地を減らし、更なる操作性の向上を実現。

スペック

  • 型番:RFM01
  • スイッチ方式:静電容量無接点(左右ボタン)
  • 耐久性:5,000 万回(左右ボタン)
  • 押下特性:ソフトタクタイルフィーリング(左右ボタン)
  • ボタン数:6 ボタン
  • オプティカルセンサー:PixArt PMW3360
  • インタフェース:USB2.0
  • 電源:DC5V ±0.25V, 100mA(Max)
  • ケーブル長:約 1.8m
  • 外形寸法(WDH):67 x 122 x 42 mm
  • 重量:約 83g(ケーブル除く)
REALFORCE MOUSE
価格: -円 (本稿執筆時点)
プッシュ通知を受け取る