Razer、人気ゲーミングマウスの最新モデル「Razer DeathAdder V2」発表。約82gまで軽量化、センサーやスイッチ、ケーブルも刷新

Razer、人気ゲーミングマウスの最新モデル「Razer DeathAdder V2」発表。約82gまで軽量化、センサーやスイッチ、ケーブルも刷新

Razerは、これまで1,000万台以上を売り上げたゲーミングマウスDeathAdderの最新モデル「Razer DeathAdder V2」を発表しました。

DeathAdder V2は、DAの形状はそのままに、肉抜き無しで82gまで軽量化されたゲーミングマウス。前モデルのDeathAdder Eliteと比較すると23g軽くなっています。

最大20,000DPIに対応する光学センサー「Razer Focus +」、7,000万回のクリック耐久性を誇る光学スイッチ「Razer Optical Switch」、柔らかくて軽いケーブル「Razer Speedflexケーブル」、滑らかな100%PTFEマウスソールを備えます。

その他、プログラム可能なボタン数が7から8個へなっており、オンボードメモリ搭載により5つまでプロファイルを本体に保存可能、またホイールの滑り止め部にも変更が入っています。

DeathAdder V2の国内発売日は1月24日(金)で、執筆時点のAmazon.co.jpでの販売価格は9,680円。

Razer DeathAdder V2
価格: 9,680円 (本稿執筆時点)