Razer、左手用デバイス「Razer Tartarus Pro」を10月31日(木)に国内発売。キー押下時の深さまで読み取るアナログ光学スイッチを搭載

Razer、左手用デバイス「Razer Tartarus Pro」を10月31日(木)に国内発売。キー押下時の深さまで読み取るアナログ光学スイッチを搭載

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

RAZER、左手用キーパッド 「Tartarus Pro」を国内発売  RAZER(TM)アナログオプティカルスイッチ搭載

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 RAZER(TM)(本社:米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO:Min-Liang Tan)は、RAZER(TM)アナログオプティカルスイッチ搭載を搭載した左手用キーパッド「RAZER Tartarus Pro / RAZER Tartarus Pro – Mercury White」(税抜希望小売価格:14,363円、読み方:レイザー タータロス プロ / タータラス プロ マーキュリー ホワイト、以下 Tartarus Pro / Tartarus Pro Mercury)の国内販売を2019年10月31日(木)に開始します。接続はUSB端子を使用し、Windows 7(64ビット)以降のOSでの動作がサポートされます。Tartarus Pro Mercuryは世界に先駆けて、日本のみの先行販売になります。同製品は、RAZER社の国内正規流通代理店であるMSY株式会社を通じて、全国のPCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

Tartarus Proは、新型キースイッチ「RAZER(TM)アナログオプティカルスイッチ」を搭載した左手用キーパッドです。

19個のバックライトキーに採用されている「RAZERアナログオプティカルスイッチ」はキーが押された深さを測定し、アナログ入力をエミュレートできます。以前はゲームパッドでしか使用できなかったアナログ入力をPCゲーマーに馴染みのあるインターフェイスに導入することで、FPSやレースゲームでの高度な動き制御など、さまざまな可能性を開きます。さらに、より速いキーストロークのために最短1.5mmから、より深くより意図的なプレスのために最大3.6mmの間で作動点を調整できます。

「RAZERアナログオプティカルスイッチ」は最大2つの機能を各キーに設定が可能です。1つはキーストロークの途中に設定をし、もう1つは完全な押し込んだ時に設定をするなどが可能です。デュアル機能キーを備えたTartarus Proは、ユーザーのプレイスタイルに適応することで、複雑なキー入力を容易にし、様々な操作を実現することができます。

Tartarus Proには、8方向のサムパッドを含む32のプログラム可能なキーがあり、ナビゲーションやユーザーの要件に応じたコマンドを割り当てることができます。8つのクイックトグルプロファイル機能により、ユーザーはサイドボタンを使用して、プロファイルを瞬時に変更し、設定またはスキルのロードアウトを効率的に切り替えることができます。これによりさまざまなゲームはもちろん、クリエイター向けのアプリケーションにおいても活用する事ができます。

RAZER Tartarus Pro – Mercury White
価格: 15,799円 (本稿執筆時点)
RAZER Tartarus Pro
価格: 15,799円 (本稿執筆時点)