Razer、ハイエンドキーボード「Razer Huntsman Elite」にLinear Optical Switch搭載モデルを追加。10月31日(木)より国内発売

Razer、ハイエンドキーボード「Razer Huntsman Elite」にLinear Optical Switch搭載モデルを追加。10月31日(木)より国内発売

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

RAZER、ハイエンドキーボード 「Huntsman Elite -Linear Optical Switch」を国内発売
Razer Huntsman Eliteに Razer(TM)リニアオプティカルスイッチ搭載モデルが誕生

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer(TM)(本社:米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO:Min-Liang Tan)は、Razer(TM)リニアオプティカルスイッチ採用のキーボード「Razer Huntsman Elite -Linear Optical Switch」(税抜希望小売価格 25,273円、読み方:レイザー ハンツマン エリート リニア オプティカル スイッチ、 以下 Huntsman Elite Linear)の国内販売を2019年10月31日(木)に開始します。接続はUSB端子を使用し、Windows 7(64ビット)以降のOSで動作がサポートされます。同製品は、Razer社の国内正規流通代理店であるMSY株式会社を通じて、全国のPCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

Huntsman Elite Linearは、「Razer Huntsman Tounament Edition – Linear Optical Switch」に採用されている新型キースイッチ、「Razer リニアオプティカルスイッチ」を搭載した新モデルです。

「Razer リニアオプティカルスイッチ」は、高速、高感度のキーストロークを実現したオプティカルスイッチです。赤外線をキーのプレス、リリース動作検知に使用することで、通常のメカニカルスイッチでは避けられないバウンシングによる誤入力(チャタリング)回避のためのプログラミングを必要とせず、遅延のない高速なキー入力を可能としています。瞬時の応答のためにクリック感のないストレートな触感のほか、他社のリニアメカニカルスイッチより16.67%短い1.0mmのアクチュエーションポイント、40gの押下圧が瞬時の作動を実現しています。また、稼動パーツ点数も少ないため耐久性は飛躍的に向上し、最大1億回キーストロークのライフスパンを達成しています。同スイッチには金属製のスタビライザーバーが内蔵され、キーキャップ上のどの位置からのタイプでも、安定した押下圧でのストロークを実現しています。従来のリニアメカニカルスイッチの2倍の耐久性・作動速度を誇り、接点接触によるデバウンス遅延を配したリニアオプティカルスイッチは、多くのe sportsのプロ選手に好評を得ています。

Huntsman Elite Linear はRazer Chromaに対応し、1,680万色のカラーオプションを持つバックライトにより、人気ゲームにシンクロしたイルミネーションを楽しんだり、ユーザーの好みに合わせたパターンでの発光エフェクトを持たせることが可能です。また、両製品ともにマクロやショートカットをカスタマイズしたプロファイルをオンボードメモリおよびクラウド上の両方に保存することができるハイブリッドストレージに対応しています。

Huntsman Elite Linearには、動画や音楽などのコンテンツ操作を簡単に行うためのマルチファンクションダイヤルおよびボタンを搭載し、快適な使用感を長時間持続させる脱着可能なRazer Chroma対応リストレストも付属しています。

Razer Huntsman Elite
価格: 27,800円 (本稿執筆時点)