Dream Machines、Huano製スイッチを採用したゲーミングマウス「Dream Machines DM5 Blink」発表

Dream Machines、Huano製スイッチを採用したゲーミングマウス「Dream Machines DM5 Blink」発表

Dream Machinesは、新作ゲーミングマウス「Dream Machines DM5 Blink」を発表しました(海外)。

DM5 Blinkは、計8ボタンを備えた左右非対称ゲーミングマウス。ホイール手前に2ボタン、親指側に3つのサイドボタンが搭載されています。表面コーティングはマットで、画像で確認する限りはRazer Basiliskのクローンで、左側のハネを取り除いたような形状です。

本体サイズは幅66 全長125 高さ42mmで、本体重量は95g(ケーブルを除く)。スイッチには耐久性2,000万回のHuano製スイッチを、センサーには最大16,000DPIに対応するPixArt PMW3389を搭載しています。リフトオフディスタンスは1.8mm以下とのこと。

ケーブルには標準で疑似パラコード(靴紐ケーブル)が備わっています。同ブランドのDM1 FPSに搭載されているものだと思われます。パッケージには替えのマウスソールが付属します。

国内での発売時期は未定です。続報が入り次第お伝えします。