HyperX、独自設計の赤軸キースイッチを搭載した日本語配列ゲーミングキーボード「Alloy Origins」発表。Amazonにてプレオーダー開始

HyperX、独自設計の赤軸キースイッチを搭載した日本語配列ゲーミングキーボード「Alloy Origins」発表。Amazonにてプレオーダー開始

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

HyperX初の自社設計のメカニカルキースイッチ
HyperX初となる日本語配列メカニカルキーボード
Amazonでの限定プレオーダー受付中

東京、2019年9月12日 — Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX(R)は本日、東京ゲームショウでAlloy Originsメカニカルキーボードを発表しました。日本のゲーマーのニーズを念頭に置いた最新のメカニカルキーボードには、HyperX初となる自社設計のレッドスイッチを搭載し、日本語配列を採用しました。日本語バージョンのAlloy Originsは、Amazon Japanで限定プレオーダー受付中です。

HyperX Alloyキーボードは、耐久性と信頼性で定評があり、頑丈なフレームと高品質なスイッチを採用しています。さらなる改良を加えるため、HyperXは初のHyperXレッドキースイッチを開発し、新しいAlloy Originsキーボードに採用しました。45gの作動力、1.8mmのアクチュエーションポイント、3.8mmのキーストロークが特徴で、最高レベルの応答時間を求めるゲーマーに最適です。最大8,000万回の打鍵耐久性があるHyperXキースイッチは、熾烈な戦いの間も安定してゲームをプレイできる抜群の耐久性を誇ります。

Alloy Originsはフルサイズのメカニカルゲーミングキーボードであり、FPSゲームでデスクトップスペースを広く活用できる省スペース設計です。最大3つのカスタムライティングプロフィールに対応し、オンボードメモリに直接保存できるため、外出先で設定を呼び出すことも、マクロ設定を行うこともできます。Alloy Originsのキースイッチ上のLEDがダイナミックなライティングを実現。より明るく鮮やかなRGBライティングを提供します。最新バージョンのHyperX NGenuityソフトウェアを使用してライト効果をカスタマイズでき、キーごとにRGBを制御できます。直感的に操作できるユーザーフレンドリーなインターフェイスデザインです。

HyperX Alloy Origins日本語バージョンは、東京ゲームショウのHyperXブースで展示されます。また、Amazon Japanで¥15,800で限定プレオーダー受付中です。
Amazon.co.jpプレオーダーページ:https://amzn.to/2UT2OkK

HyperX Alloy Origins
価格:16,093円~ (本稿執筆時点)