SHIDO、Artisanとのコラボマウスパッド「RULER」を発表。表面に刻まれた目盛りによって振り向き距離を測定可能

SHIDO、Artisanとのコラボマウスパッド「RULER」を発表。表面に刻まれた目盛りによって振り向き距離を測定可能

音響機器メーカー オンキヨー の中で発足したゲーミングブランド SHIDO は、マウスパッド「RULER(ルーラー)」を発表しました。RULERには定規という意味と支配者という意味があり、「マウスパッドを制する者はゲームを制す!」という意気込みで開発されたとのこと。

RULERは、日本のゲーミングマウスパッド専門メーカー Artisan とのコラボレーション製品で、同メーカーのNINJA FXシリーズをベースに、SHIDOオリジナルのデザインが適用されています。滑走面の詳細については不明です。

名前の通り、マウスパッド表面にはスケール(目盛り)が5mm間隔で32cmまで刻まれており、定規やメジャー無しで振り向き距離の測定が可能です。エッジ(縁)にはほつれ防止の縫い加工が施され、その内側のラインが0cmとなります。ローセンシプレイヤーでも問題無く使用できるよう、420..×330mm×厚み3mmの大判サイズとなっています。

先日行われたSHIDOクラウドファンディングの一部プランに特典として同梱される製品ですが、別途販売も検討しているとのこと。続報に期待。