Razer、テンキーレスの静音ゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Lite」を8月30日(金)に発売。価格は9980円(税抜)

Razer、テンキーレスの静音ゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Lite」を8月30日(金)に発売。価格は9980円(税抜)

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

RAZER、テンキーレスの静音メカニカルキーボード
「BlackWidow Lite」を国内発売
長いスペースキーのUS英語配列
Razerメカニカルスイッチ「オレンジ軸」採用
静音性を高めるO-リングおよびキーキャップリムーバー付属

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer.(本社: 米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO : Min-Liang Tan) は、テンキーレス メカニカルキーボード「Razer BlackWidow Lite」(税抜希望小売価格 9,980円、読み方:レイザー ブラックウィドウ ライト、以下、BlackWidow Lite)の国内販売を2019年8月30日(金)に開始します。対応OSはWindows 7(64ビット)以降。同製品は、Razer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国のPCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

BlackWidow Liteは、Razerのメカニカルスイッチ(オレンジ軸)を採用したテンキーレスのキーボードです。Razerメカニカルスイッチは8,000万回の打鍵にも対応する高耐久メカニカルキースイッチです。本製品に採用されているオレンジ軸では、入力された瞬間のアクチュエーションポイントを指に触感で伝えることで、より正確なタイピングを可能にするメカニカルスイッチの特長を活かしつつ、一般的なメカニカルキーボードにある「カチッ」という音がしないのが特徴です。さらに、タイピングの際の底打ち(キーストローク4mm)で発生するノイズを低減するO-リングが付属し、更なる静音化を可能にしています。

BlackWidow Liteは、テンキーレスの省スペースデザインを採用し、それほど広くないデスクスペースでもマウスを動かすスペースを十分に確保することが可能です。

BlackWidow Liteは、グローバルホワイトのバックライトが搭載され、暗い場所でのタイピングはもちろん、キーキャップ上の文字が見やすい仕様になっています。また、輝度調節やオフにすることも可能です。

BlackWidow Liteは、着脱式のケーブル(USB – MicroUSB)を採用しています。

BlackWidow Liteは、Razer Synapse 3 ソフトウェアに対応しています。

Razer BlackWidow Lite
価格:10,778円~ (本稿執筆時点)
Razer BlackWidow Lite Mercury White
価格:12,774円~ (本稿執筆時点)
Profile image
執筆者
ゲーミングデバイスレビュアーとして活動しています。
運営者についてもっと詳しく
お問い合わせはこちらから