Seryth、本体重量40-50gを予定する超軽量ゲーミングマウス「The Katana」のクラウドファンディングをIndiegogoにて開始

Seryth、本体重量40-50gを予定する超軽量ゲーミングマウス「The Katana」のクラウドファンディングをIndiegogoにて開始

Serythは、ゲーミングマウス「The Katana」のクラウドファンディングをIndiegogoにて開始しました。

「The Katana」は左右対称型で計6ボタンを備えたゲーミングマウスです。次々と発表されている”ハニカム構造を採用した超軽量ゲーミングマウス”で、本体重量は40-50gを予定されています。これまでに発表されたゲーミングマウスの中でも、際立って軽量であると言えるでしょう。

ケーブルには、まるで無線接続のような操作感を実現する、パラコードのような柔軟なケーブルを採用する予定とのこと。

センサーには1:1トラッキングを可能とするPixart PMW3360を搭載しており、400 / 800 / 1600 / 3200DPIの4段階切り替えが可能。リフトオフディスタンスは0.8mm以下を予定し、ポーリングレートは1,000Hzに対応します。発売直後はドライバレス、発売後近いうちにソフトウェアに対応する予定とのことで、ソフトウェア対応後は最大12,000DPIに対応するほか、リフトオフディスタンスやデバウンスタイムの調整機能を検討しているとのこと。

本体サイズは幅61×高さ37×長さ118mmと、いわゆる小型と中型の間に位置します。マウス底面を見ると、中心のセンサー部分を除き、すべてハニカム構造となっており、かなり軽量になるのではないかと推測されます。

ホワイト、ピンク、ブラックの3色展開で、表面コーティングをマットとグロッシーの2種類から選択できます。

「The Katana」はIndiegogoにて55ドルで支援することができるので、興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。なお現時点では上記の情報のみ明かされており、試作機の製造時期も未定とのことです。まだプロジェクト自体がそこまで認知されていないので、少し様子を見てもいいかもしれません。