HyperX、ゲーミングキーボード新製品「HyperX Alloy Origins」発表。ブランド初となる独自開発キースイッチを搭載

HyperX、ゲーミングキーボード新製品「HyperX Alloy Origins」発表。ブランド初となる独自開発キースイッチを搭載

<< 以下、プレスリリースの内容を掲載 >>

HyperX Alloy Origins、Computex 2019で初披露
HyperX初の自社設計のメカニカルキースイッチ、最大8,000万回の打鍵耐久性

台湾・台北市、2019年5月27日 –– Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX®は、2016年に初めてのゲーミングキーボードをリリースして以来、あらゆるレベルのゲーマー向けにAlloyシリーズの拡充を続けています。ゲーマーのニーズを反映するように設計を改善し続けた結果生まれたのが、本日発表のAlloy OriginsTMメカニカルゲーミングキーボードです。全く新しいHyperXキースイッチを装備し、45gのキー荷重、短いキーストローク、最大8,000万回の打鍵耐久性があります。

HyperX Alloyシリーズは、頑丈なフレームと高品質スイッチを備える、耐久性と信頼性のあるキーボードとして知られています。その基本機能にさらに改善を加えるため、HyperXは新しいAlloy Originsを採用した初の自社設計のレッドキースイッチを開発しました。1.8mmのアクチュエーションポイント、3.8mm短いキーストロークが特徴で、キーボードのごくわずかな応答の遅れが勝敗を分けるゲーミングに最適です。HyperXキースイッチは耐久性も抜群で、最大8,000万回の打鍵耐久性があるため、熾烈な戦いの間も安定感があります。

Alloy Originsはフルサイズのメカニカルゲーミングキーボードであり、FPSゲームでデスクトップスペースを広く活用できる省スペース設計です。最大3つのカスタムライティングプロフィールに対応し、オンボードメモリに直接保存できるため、外出先で設定を呼び出すことも、マクロ設定を行うこともできます。Alloy Originsのキースイッチ上のLEDがダイナミックなライティングを実現。より明るく鮮やかなRGBライティングを提供します。ライティング効果やキーごとのRGBカラーのカスタマイズは、新しいHyperX NGenuityソフトウェアを介して行います。このソフトウェアも、直感的に操作できる、使いやすいインターフェイスに刷新されています。

HyperXは次のように述べています。「今年のComputexではAlloy OriginsとHyperX初のキースイッチを披露します。ゲーミングとEスポーツのリーディングブランドとして、すべてのゲーマー向けに業界トップレベルのギアを作り出すことで、ゲーミングとEスポーツの世界をサポートしていきたいと思います。」

新しいHyperX Alloy OriginsメカニカルゲーミングキーボードはComputexのショールームで展示されます。発売は一部の地域で今年後半になる予定です。詳細については、HyperXのホームページをご覧ください。

HyperX Alloy FPS RGB
タイプ:英語配列、フルキーキースイッチ:Kailh銀軸キーストローク:3.5mmアクチュエーションポイント:1.1mm押下荷重:40gキー耐久性:7,000万回LEDライティング:搭載ソフトウェア:対応サイズ:442×129×35mm重量:約1100g価格:17,800円 (2019/1/31時点)