「Amazonゲーミングデバイスウィンターセール2018」で試しておくべき製品をピックアップ。240Hzゲーミングモニターが税込42,800円で登場など

「Amazonゲーミングデバイスウィンターセール2018」で試しておくべき製品をピックアップ。240Hzゲーミングモニターが税込42,800円で登場など

Amazon.co.jpにて、ゲーマー向け周辺機器を対象とした大規模セール「Amazonゲーミングデバイスウィンターセール2018」が実施中です。ざっと確認した限りでも相当数の商品がセール対象となっているので、当記事にて試しておくべき製品をピックアップしてお届けします。

Amazonゲーミングデバイスウィンターセール2018

「Amazonゲーミングデバイスウィンターセール2018」は、主にゲーミングデバイスを対象としたAmazon.co.jpの大規模セール。期間中はセール対象の各商品がお買い得価格になるほか、割引クーポンも配布されます。BenQ ZOWIEの定番ゲーミングモニターから、HyperXの各種デバイス、Logicoolのハイエンド製品など、ざっと確認した限りでも魅力的な製品が並びます。

  • 各商品ページでクーポン配布中/もしくはお買い得価格に
  • 実施期間:2018年12月27日(木) 23時59分 まで
  • 注意:クーポンは数量限定。また、一部の割引クーポンはAmazonプライム会員のみ利用可。

Amazonプライム会員について

Amazonプライム会員とは、年会費3,900円(月額400円)で入会できる有料サービスです。お急ぎ便/日時指定便の配送料が無料となったり、Amazonプライム限定クーポンの配布も頻繁に行われるので、Amazon.co.jpのセール攻略には欠かせません。またそれだけでなく、Twitch PrimeやAmazonプライムビデオをはじめとする特典も受けられるなど、入会することで得られるメリットは大きいです。

Amazonプライム会員は30日間の無料体験が実施中なので、まずは気軽に試してみるのも1つの手です。気に入らなければいつでも解約可能ですし、サポートの対応もとても親切です。

Amazonプライム会員 30日間の無料体験

試しておくべきセール対象商品をピックアップ

早速以下よりセール対象商品から試しておくべき製品をピックアップしてご紹介します。なお、過去に当メディアで扱った製品にはレビュー記事のリンクを掲載しているので、気になる方はそちらも確認いただければ幸いです。

240Hzゲーミングモニターが税込42,800円で登場

前提知識として、リフレッシュレートが高い製品ほど画面の切り替わりが早くなる(60Hz=1秒間に60枚の映像を描写、144Hz=1秒間に144枚の映像を描写)ので、描写の激しいゲームをプレイするのに適しています。理論上では60Hzと144Hzでは映像の鮮明さに2倍以上の差が生まれ、その違いはマウスカーソルを動かすだけ認識できるほどです。

そこで今回は、60Hzから144Hzへ、または144Hzから240Hzへのアップグレードに最適なゲーミングモニター2製品をピックアップしました。

まずはBenQ ZOWIEの定番144Hzゲーミングモニター「BenQ ZOWIE XP2411P」から。ゲーマー目線では一般的なサイズと言える24インチ/フルHD解像度(1920×1080)かつ、リフレッシュレート144Hz・応答速度1msと高スペック。60Hzモニターからのアップグレードに最適な製品となっています。

現在使用しているモニターのリフレッシュレートが60Hzであるという方は、上記のXL2411Pをはじめとした定番製品を選んでおけば間違いないのですが、144Hzから240Hzへのアップグレードを検討している方はどの製品を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

そこで、セールにて税込42,800円という驚きの価格で登場した240Hzゲーミングモニター「I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC251UTB」を240Hzモニターの入門機として導入することを提案します。

こちらも24.5インチのフルHD解像度(1920×1080)と一般的なサイズで、リフレッシュレート240Hz/応答速度0.6msを実現したハイスペックなゲーミングモニター。他メーカー製品と比較すると非常に安価ですが、長めの3年保証も付いており、製品に対する品質への自信が見受けられます。

ゲーミングマウスは多種多様な形状がラインナップ

セール対象商品のゲーミングマウスに注目すると、さまざまな形状の製品が肩を並べている印象。筆者個人としてはゲーミングマウスは握りやすさを重視して選びたい派。マウスの形状を大きく分けるならば「左右対称」「左右非対称」「左右非対称(IE3.0クローン)」の3つとなります。

過去に実施したアンケートで最も支持率が高かった”左右対称”のゲーミングマウスから挙げるとなれば、ワイヤレス対応しながら99gの軽量化を実現した「Logicool G304」でしょう。ゲーミングデバイスにおいて無線接続は避けられがちですが、Logicoolの”LIGHTSPEED”技術を搭載したデバイスは遅延を感じられず、有線と同じように快適なゲームプレイが可能となっています。

Logicoolの左右対称ワイヤレス対応マウスとしては、「Logicool G903」(レビュー記事)が挙がりますが、フラッグシップ機なこともあり価格が高いのがネック。一方でこちらは税込4,697円(セール時の価格、12/21現在)と手の出しやすい製品です。

またIE3.0クローンのゲーミングマウスでは「HyperX Pulsefire FPS Pro RGB」が表示価格から15%OFFの大幅値引きとなっています。レビュー記事にも記した通り、手のサイズが標準から大きめの方に絶妙にフィットする形状です。

ゲーミングマウスは自分に最適なものが見つかりづらい、いわゆる沼にハマりやすいデバイスの一つと言えます。形状の他にも重量やスイッチ調整など、操作にかかわるポイントが多岐にわたります。セールなどの機会にお得な価格で入手しておき、様々な製品を手に取ってほしいところです。

その他、当メディアおすすめの2製品もセール対象に

そのほか、当メディアで過去にレビューを実施して高く評価したHyperXの2製品についても、Amazonプライム会員限定で割引クーポンが配布されています(それぞれCloud Earbudsが10%OFF、Alloy FPS RGBが15%OFF)。

イヤーチップが独特な形状をゲーミングイヤホン「HyperX Cloud Earbuds」は、装着感の良さが最大の特長となっています(レビュー記事)。特許取得済みというイヤーチップは、カナル型のような密着感は少なく、軽いタッチで耳への負担を極限まで抑えたHyperXの意欲作です。

全音域が聞き取りやすいバランス重視の音質で、ゲーミングヘッドセットで有名なHyperXらしさが光ります。高音域が鳴り響いたり低音が効きすぎるといったことも全く無く、ゲームプレイに最適化されたサウンドです。

HyperX Alloy FPS RGB」は反応速度の速いキースイッチ”Kailh Speed Silver”を搭載しています。キーを1.1mm押し込むと反応し、押し込むのに必要な重量は40gと、軽いキータッチで高速反応してくれる仕様です(レビュー記事)。

あまりの反応の良さに最初はキー誤爆が目立ちましたが、不思議と数十分で使い慣れてきます。キーボード操作が激しいMOBAや、高速なキー反応を求めるFPSゲーマーに最適なゲーミングキーボードです。

PS4ソフトとのセット販売がお得。全製品をチェックしよう

そのほか、PlayStation 4関連製品とゲーミングデバイスのセット販売がお得となっています。人気シリーズ最新作『Battlefield V』『Call of Duty: Black Ops 4』のゲームソフトと「Astro Gaming A40 + Mix Amp」はデビューに最適なセットでしょう。PS4のサウンドを手軽にサラウンド可できるMix Ampは秀逸です(レビュー記事)。

当記事で紹介した製品以外にも多くのセール対象商品が用意されています。気になる方は、「Amazon ゲーミングデバイスウィンターセール 2018」の全てのセール対象商品を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Amazon ゲーミングウィンターセール 2018

関連記事