DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

オープンワールドサバイバルシューター『SCUM』本日深夜にSteam早期アクセス版リリース。Twitchで一時20万人以上の視聴者を集めた注目タイトル

オープンワールドサバイバルシューター『SCUM』本日深夜にSteam早期アクセス版リリース。Twitchで一時20万人以上の視聴者を集めた注目タイトル

新作オープンワールドサバイバル『SCUM』が本日深夜にもSteam早期アクセスにてリリースされます。同作は、発売前にもかかわらずTwitch視聴者ランキング2位を達成した大注目タイトル。

『SCUM』Steam早期アクセス版リリース

『SCUM』はオープンワールドサバイバルシューター。平方12キロメートルのマップ内で、プレイヤーは島に放たれた囚人を操ることとなります。自身が操るキャラクターの顔や体型はもちろん、年齢や歯の本数まで、非常に細かいキャラクターカスタマイズを行えます。また本作の最大の特徴として、プレイヤーの新陳代謝までシミュレートされ、それに応じてキャラクターの能力も変化することが挙げられます。

敵プレイヤーだけを警戒すれば生き残れるという訳ではなく、島には動物やゾンビなどの生命体や武装した特殊部隊などが生息し、プレイヤーの生命を狙います。そんな過酷な状況下で物資を集めて必要なアイテムを製作しながら、誰よりも長く生き残ることを目指します。8月27日より一部のユーザーには先行アクセス権が配られ、ShroudやDrDisRespectをはじめとした人気ストリーマー達がTwitchにて本作をプレイする様子を配信。一時は20万人の視聴者数を集め、視聴者ランキング2位まで上り詰める大注目タイトルへ。

『SCUM』は本日8月29日深夜にSteam早期アクセス版がリリースされ、早期アクセス時点での価格は19.99ドル。

コメント

*

Return Top