DPQP

ゲーミング周辺機器のリリース情報 & 実機レビュー

オープンベータ版『Battlefield V』の最低・推奨スペックが公開

オープンベータ版『Battlefield V』の最低・推奨スペックが公開

NVIDIAは、オープンベータの解禁が迫るシリーズ最新作『Battlefield V(バトルフィールド 5)』への最適化が含まれた最新のGame Readyドライバ「GeForce 399.07 Driver」をリリースしました。これに併せて、オープンベータ版Battlefield Vの最小・推奨スペックが公開されました。

『Battlefield V』オープンベータ版の準備を

NVIDIAが公開した最新Game Readyドライバ「GeForce 399.07 Driver」のリリースに併せ、『Battlefield V』の最小・推奨システム要件が明らかになりました。

以下にて『Battlefield V』のシステム要件を記載しています。なお、NVIDIA公式サイトで公開された情報ですので、AMD製GPUの項目については記載されていませんでした。

『Battlefield V』最小システム要件

「Battlefield V」 最低スペック
OS Windows 7、8.1、10 (64bit)
CPU (Intel) Intel Core i5-6600K
CPU (AMD) AMD FX-8350
メモリ 8GB RAM
グラフィックカード (NVIDIA) NVIDIA GeForce GTX 1050 / GTX 660 2GB
DirectX 11.0対応または同等のビデオカード
オンライン接続条件 512Kbps以上のインターネット接続環境
ストレージ 50GB以上の空き容量

『Battlefield V』の最低スペックは「Core i5-6600K」「GeForce GTX 1050」「8GB RAM」以上。どの解像度でどれほどの平均フレームレートを計測するかは明らかになっていませんが、最小システム要件としては比較的高いスペックを要求されています。快適に動作させたい方は余裕を持っておきたいところ。

『Battlefield V』推奨システム要件

「Battlefield V」 推奨スペック
OS Windows 10 (64bit)
CPU (Intel) Intel Core i7-4790
CPU (AMD) AMD Ryzen 3 1300X
メモリ 12GB RAM
グラフィックカード (NVIDIA) NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
DirectX 11.0対応または同等のビデオカード
オンライン接続条件 512Kbps以上のインターネット接続環境
ストレージ 50GB以上の空き容量

『Battlefield V』の推奨スペックは「Core i7-4790」「GeForce GTX 1060 6GB」「12GB RAM」以上。人気バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は「GTX 1060 3GB」を推奨GPUとしていることを考えると、『Battlefield V』を快適に動作させるには相当なハイスペックを要することが分かります。

以下、先日公開された『Battlefield V』の美麗なグラフィックをNVIDIA最新GPU「GeForce RTX 20」シリーズで表現した公式トレーラーをご覧ください。

本作のプレイを考えている方は、NVIDIA最新Game Readyドライバ「GeForce 399.07 Driver」への更新と併せて最小・推奨システム要件の確認を忘れずに。

情報元:NVIDIA

コメント

*

Return Top