【PUBG】ロビーでのボイスチャットや新システム”身体貫通”が実装予定。被弾時のダメージが大幅に変わる可能性も

【PUBG】ロビーでのボイスチャットや新システム”身体貫通”が実装予定。被弾時のダメージが大幅に変わる可能性も

PUBG Corp.は、今週中にも『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』テストサーバーのアップデート実施を予定していることをTwitterにて明らかにしました。

メインメニュー画面でのボイスチャット機能が実装されるほか、”車両および身体貫通システム”の導入が行われるとのこと。これは内部の技術的な話題に聞こえるかもしれませんが、被弾時のダメージが今までとはガラッと変わる可能性があるので、PUBGプレイヤーにとって非常に重要な項目となるでしょう。

”身体貫通システム”と今までのシステムとの違い

今までのシステムでは、銃弾が命中した身体の部位だけを傷つけ、それに基づいた部位ごとの倍率でダメージを受ける仕組みでした。この仕様上、瞬間的にキャラクターが振り向くなどして、胴に当たるはずだった弾丸が手や腕に当たりダメージが軽減されているケースも少なくありませんでした。このラッキーとも言える現象が新システム導入によって無くなり、被弾時のダメージは大幅に変わるものと予想されます。

新しい”身体貫通システム”の仕組みについては今のところ明らかにされていません。続報が入り次第、記事にてお伝えしたいと思います。

情報元:PC Gamer

Profile image
DPQPはゲーミングデバイスの総合情報サイト。ニュース、リリース、レビュー、プロ・ストリーマーのデバイス使用率などの統計情報を配信しています。
お問い合わせはこちらから

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カバーストーリー / 特集